読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自由人たぬきちのブログ

地方×都会のデュアルライフとシンプルライフを実践する、兼業投資家のたぬきちだよ

「俺の未来は、どうにでもなる」南波日々人- 宇宙兄弟 - 1日1名言

名言 まとめ

今日は宇宙兄弟、南波日々人のこの言葉を考えてみたい。(ネタバレ注意。)

「俺の未来は、どうにでもなる」

南波日々人は、幼少期の夢である「宇宙飛行士になって月にいく」という、
不可能に近い超難関の夢を実現させた。

この夢を実現するには、非凡な才能と、血の滲むような努力の継続と、強力な運が必要となる。

そんな「夢」を実現させた日々人は、仲間を助けようとして月で死にかける。

しかし、ここでも「ありえないほどの運」で仲間とともに生還する。

さらに、死にかけることによって、宇宙服を着るとパニックになってしまう障害(PD)となってしまう。

数多の宇宙飛行士がPDによって、宇宙飛行士生命を絶たれている中、兄の南波六太やその他の大勢の仲間の協力によって、PDを見事克服する。

しかし、一度PDになってしまった日々人を、NASAは二度と宇宙に行かせないというニュアンスの決断をしてしまう。

それでも日々人は再度、月面に立つことを諦めず、ロシアの宇宙飛行士として月面を目指すことを心に決める。

度重なる不運、不遇、挫折に対して、諦めず前を向き、歩みを止めない日々人が、最大の挫折から立ち上がる際に放ったこの言葉。

適当であるように見えて、奥深く、多様な意味を含んだ、「適当な」言葉。

「俺の未来は、どうにでもなる」

そう、誰の未来も、どうにでもなる。

ほらあなより愛をこめて
たぬきち