投資家たぬきちのブログ

週末サーファーの兼業投資家。株式メインですが仮想通貨やドル円FXも駆使して10億を目標に日々命がけの戦い。

2019年8月の株式投資成績は-0.11%でした。パーク24で最後にマイ転。

ども、夏枯れに巻き込まれているたぬきちです。

8月は引き続き堅調に進んでいましたが、最後の最後で月次-0.11%マイ転してしまいました・・・(トホホ・・・)

要因は持ち株のパーク24の下落と、その他持ち株についても比較的元気がない点ですね。

ダブルインバースなどで下落でも稼いでいましたが、それでも夏枯れダメージを補えなかったということでしょう。
ただより大きな利益を狙うための仕込みは済んでいるので、9月に期待ですかね。

f:id:HIROPPY:20190901141233j:plain

パーク24が足を引っ張る

持ち株の中でずっと足を引っ張っているのがパーク24
今月は先月の減少分を取り戻す水準で順調に推移していた矢先、最終日に見事にマイ転。

パーク24の8%超え下落にやられました。
ナンピンしたいところですが、まだ下がるかもなーと感じるので、2000円近辺に来た時にする予定です。

事業自体は好調なのですが、もともと株価が高すぎましたね。

9月はすぐに取り戻せそう

パークがちょっと上がるだけでもプラ転するので、9月はそこまで心配していないです。

ただ景気後退が本格化してきたらダメージが大きくなるため、売りポジションと可能な限りキャッシュを増やしていきます。

FXは堅調

FXと仮想通貨に関しては堅調に推移しました。

こちらは引き続き、利益を拡大していきます。

引き続き革新を狙う

8月のマイ転は革新を狙う過程のコストとも言えます。

逆に不安定の相場環境で、微減に抑えられたことは逆によかったと考えています。

引き続き、莫大な利益を生むための革新を狙っていきます。

株式投資の未来~永続する会社が本当の利益をもたらす
ジェレミー・シーゲル 瑞穂 のりこ
日経BP
売り上げランキング: 220

【株式投資の体系図】田淵直也著の図解で分かるランダムウォーク-行動ファイナンス理論のすべて-

サーフィンの行き帰りは投資本の読書をするたぬきちです。

直近読んだ本で、田淵直也著「図解で分かるランダムウォーク-行動ファイナンス理論のすべて-」が面白かったためその感想やら書評の要約を。

本書は最初から最後まで、投資理論が非常によく整理されてまとまっており、面白く読むことができ学べました。
ここまで体系的に、実践的な投資理論を学べる本は今までないというほどにストンとハラオチできる本です。

投資の基本となるランダムウォークから、行動心理学をベースとした行動ファイナンスの理論、さらにはそれらを統合して実践的な投資を行うアプローチ手法まで学べます。

f:id:HIROPPY:20190816203005j:plain

現代科学における投資の集大成

古典的なランダムウォーク理論から、現代の行動ファイナンスまで要点を体系的にわかりやすくまとめている素晴らしい本です。

すでに投資に熟練している方も、投資初心者の方にもどなたでもタメになる本だといえます。

ここまで体系的かつ実践的にまとめられている本は、今まで見たことがありません。

著者の田淵直也氏の他の書籍もぜひ読んでみたいと思いました。

人が思う以上に市場はランダム

前半のランダムウォーク理論の内容では、「人が思う以上に市場はランダム」ということが述べられています。
トレンドだと思うものが、実はただのランダムウォークにすぎないことが多いということです。

そのため、期待値の高い投資を行うためには、ランダムではないトレンドや行きすぎたリバーサルを狙う必要があります。 ランダムなトレンドとランダムでないトレンドという概念を認識することがその一歩であることでしょう。

本書にて、その認識を持つことができたことが一つの学びとなりました。

プロスペクト理論からのリスクプレミアム

本書にて、説明がうまい箇所がプロスペクト理論からのリスクプレミアムについてです。

プロスペクト理論は損失と利益で効用関数が非対称になることですが、それを前提にした市場ではリスクプレミアムが生まれることになります。

つまり、通常の人が恐怖するほどのリスクのある投資を行うことで、期待値の高いリターンを狙えることになるわけです。

リスクをとるという行動が、大きなリターンをもたらす。

株式市場はその最たるものと言えるでしょう。

信念を持って柔軟に、仮説検証型の複数シナリオアプローチ

ランダムウォーク理論、そして行動ファイナンス理論をもとに、最適な投資アプローチとしては、信念を持って柔軟に投資をすることと説いています。

不確実性の高いマーケットを相手にする際には、確率的思考で、期待値の高いリターンを狙う投資を柔軟に行っていく必要があるわけです。

その際に、一定の投資哲学を持って、仮説思考をベースとして、複数シナリオを持った投資アプローチをしていく必要があります。

これこそが現代の王道となる実戦的な投資アプローチであることは理解できることでしょう。

これを実際に行っていくことは大変なことではありますが、地道に実践を重ねることによって、大幅なリターンを手にする唯一の方法のように思います。

図解でわかる ランダムウォーク&行動ファイナンス理論のすべて
田渕 直也
日本実業出版社
売り上げランキング: 30,364

千葉鴨川サーフトリップ。マルキポイントが素晴らしい。良い波で駐車場もでかく、人も少なめ。

ども、サーフィン歴1年のルーキーたぬきちです。

先日千葉県の房総半島南に位置する鴨川にサーフィンしにいってきました。
アクアラインを使うことで都内からでも2時間もかかからない程度でいけるアクセスの良さ

加えて、波質も素晴らしく、真夏でも人がそこまで多くない

今後の定番ポイントになりそうです。



サーフショップの店員から聞いていってみた

埼玉在住の某サーフショップ店員がよくいっているポイントとして鴨川をあげていました。
埼玉からだと3時間以上かかるらしく、そこまでしていくポイントだから良いに違いないと思いいってみました。

たぬきちの住んでいる都内からだと、アクアラインを通れば2時間以内についてしまいます。

今回せっかくなので、1泊2日のサーフトリップにしてみました。

素晴らしい波質

たぬきちが滞在していた時は常にオフショアで、面ツルの綺麗な波でした。

アップスンで横に走れる程度のたぬきちには、アクションの良い練習になった感じです。

こんないい波で練習できたら上達も早そうです。

良い波なのに人がそこまで多くない

駐車場も広く、初日は10時半ごろについたにも関わらず、普通に駐車できました。
この8月のシーズン真っ只中でも駐車できる素晴らしさ。

加えて、鵠沼みたいな酷い混み方とは無縁で、人はそれなりにいましたが、十分少なかったです。

こんな環境であれば、思う存分にサーフィンを楽しめますね。

タイバンコク・アユタヤへの3泊4日旅行モデルプラン。7月の雨季でも晴れでした。

ども、真夏も元気なたぬきちです。

7月に旅行してきたタイのバンコク&アユタヤの旅について、3泊4日モデルプランとしてご紹介します。

3連休に1日を追加して、格安でタイのバンコクを満喫してきました。
ツアー等は全く使わずにいってきましたので、同じ方の参考になりましたら幸いです。



1日目 成田からバンコクへ

初日は土曜の午後2時ごろの飛行機でタイへ。
航空会社はエアアジアでした。

現地時間の19時ごろにドンムアン空港に到着。
空港内で、早速パッタイなどのタイ料理を食べました。
マジうまです。

Thai Express(タイエクスプレス)で食べてみました。

パッタイはやっぱり美味しい。

その後タクシーでホテルへ。
400Bほどでしたでしょうか。
(日本円で1200円程度) やっぱり安い!

こちらが宿泊したホテル。
アクセスはあまりよくないですが、綺麗で快適でした。

2日目 朝からアユタヤへ

2日目はバンコク観光よりも先にアユタヤ観光へ。
ロットゥーという乗り合いのミニバンみたいなものでいきました。
1人60B程度と非常に格安です。
(200円程度)

1時間半程度乗ると、アユタヤにつきます。
アユタヤでは自転車を借りて回りました。
1台1日50Bほど、安い!

最低でも自転車がないときついですね。

自転車で各名所をみて周り。

昼食は自転車のレンタル屋さんでおすすめされたお店に。
超ローカルで字がよめない・・・

20B程度だったかの格安の謎の麺を食べる。
これがまた美味しい。

ゾウにも乗りました。
400Bと若干しますが、日本円で考えると安いです。
f:id:HIROPPY:20190813093317j:plain

この他にも色々みて回って、再度乗り合いのミニバンで帰りました。
激安で楽しめて大満足。

バンコクに帰ってきてから、ショッピングセンターでディナーやら買い物やらを楽しみました。
高級タイ料理のナラタイへ。
高級ととはいっても、結構食べて一人3000円いきませんでした笑
超絶美味しいソムタム。
超絶美味しいトムヤムクン。
トムヤムクン好きは食べなきゃ損です。

ついでにフードコートでマンゴーも。

余談で、クイックシルバーが80%オフと激安セールをしていました。
そこで通常3万円くらいするウェットスーツを4000円程度で購入
バンコクやばい。

全てにおいて満足な1日。

3日目 バンコク観光

3日目はバンコクの観光です。

王宮など各名所をまわりました。

川を船で移動。

朝からカフェでグリーンカレー笑

観光して

休憩にマンゴー。

一通りまわったら、ショッピングセンターへ。

フードコードで激安タイ料理。
パッタイ200円以下・・・そしてうまい。

これも300円くらい?

スムージーも格安です。

その後、疲れた体を癒しにタイマッサージへ。

2時間みっちり全身マッサージされて、疲れも吹っ飛びました。
タイマッサージ、安くてすごい。

最後のディナーとして、プーパッポンカレーを食べに。
元祖のSOMBOON SEAFOODへ。

マジうまでした。
f:id:HIROPPY:20190811151642j:plain

雷魚などもビールによく合います。

その後タクシーでホテルに帰って終了。

4日目 ドムムアン空港から成田へ

最終日は11時の飛行機のため、ホテルからタクシーで空港へ。

最後のタイ料理を空港でいただきました。

謎のインスタント麺ベースの焼きそば?
マジで謎にうまい。

春雨ベースのパッタイも。

マンゴースムージでフィニッシュ。

バンコク食い倒れの旅、最高です

やっぱり物価が安いですねー。
値段を気にせず美味しい料理がいただけるのは最高です。

皆様もぜひご参考に旅をしてみてはいかがでしょうか。

2019年7月の株式投資成績は-2.51%でした。下半期はマイナススタート。

ども、夏もサーフィンと投資の波に乗るたぬきちです。

だいぶ遅くなりましたが7月の株の投資成績は-2.51%でした。

ダブルインバースメインでしたが、持ち株のオリックスの急落などによってマイナスとなってしまいました。

あまり売買は積極的にしていなかったので、これはある程度仕方ない成績です。

f:id:HIROPPY:20190811132827j:plain

下半期はマイナススタート

好調だった上半期からの下半期はマイナススタートとなりました。

ある程度は下がるかなと思っていたため、想定以内ではありますが、そこでプラスにできないとダメだなと思ったりしています。

オリックスはある程度利確していたものの、ここまで再度下がるかという感じですが、押し目を拾っていきたいです。

FXが絶好調

ドル円メインでFXも昨年末から本格化していますが、どんどん稼げています。

株利益並みに成長してきているため、新たな柱として注力していきます。

1回初めての失敗を経験しましたが、その分成長できた感じです。

下半期は円高方向かと思いますが、臨機応変に対応していきます。

残り5ヶ月で革新を起こしたい

株もFXも、そして仮想通貨も感覚的にいい感じになってきました。

それぞれ一桁あげるレベルで、革新を狙っていきます。

そのために選択と集中として、自分の全リソースを投資に集中させます。

貪欲に知識と経験を身につけ、早期にスーパートレーダーとなりたいですね。

ザ・トレーディング──心理分析・トレード戦略・リスク管理・記録管理
アレキサンダー エルダー
FPO (2019-03-01)
売り上げランキング: 3,809

※免責事項:投資は自己責任でお願いします。当ブログはあくまで個人的見解を述べているだけであり、当ブログを元にした投資による損失等の責任は、当ブログは一切負いません。