読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自由人たぬきちのブログ

地方×都会のデュアルライフとシンプルライフを実践する、兼業投資家のたぬきちだよ

美しいものを美しいと感じるセンスが次世代の競争優位となる。日本は美しい国というソフトパワーとしての付加価値を武器としよう。

日常 たぬきち論

美しいものを美しいと感じる心。
それは非常に重要なことであるとたぬきちは考えている。

なぜなら、美しいと感じるということは「それが良いものである」ということを理解し、
そのような「美しいものを守りたい・増やしてたい」というインセンティブが働き、
自分自身も美しくありたいと考え、美しい価値観・考え方・ビジョン・所作・行動に つながっていくからだ。

自然の美しさを感じる人は、
美しい自然を守ろうと思うし、残そうとも思うだろう。
そのために、日頃どのような点に気をつければよいかを「自然」に考えることにつながる。
ひいては、「美しい自然を守る」というビジョンを掲げ、そのビジョンを達成するために、
ビジネスや研究、投資を行なう人もいる。

道徳の美しさを感じる人は、
それを表に出さないまでも、不道徳な人を本能的に嫌悪し、
道徳に沿った行動をする人に好感を持つだろう
そして自分自身も道徳的でありたいと考え、道徳的な行動をとるインセンティブが働く。
もちろん不道徳な行動をしてしまったり、せざるを得ない場合もあるが、
そのときは罪悪感を感じ、その行いを正そうとする清浄化作用が生じる。
こうして、道徳的な人間に近づいていく。

このように「美しさを感じる心」は、「美しい人間」になるための必要不可欠な要素である。

したがって、この心がどの程度であるかによって、「美しさ」の競争優位性が決まる。

それは、ビジネスも同じである。

現在成功している企業の中で、「美しさのない」企業はいくつかある。

あえて、どの企業がどうとかは言及しないが、

それらの企業がApple, Google, Amazonになるためには、

「美しさ」が必要であることは、間違いないだろう。

それは「国」も同様である。

美しい国であることは重要なのだ。

禅が教えてくれる 美しい人をつくる「所作」の基本
枡野 俊明
幻冬舎
売り上げランキング: 1,105


いつかは行きたい 美しい場所100

日経ナショナルジオグラフィック社
売り上げランキング: 3,892


ほらあなより愛をこめて
たぬきち