投資家たぬきちのブログ

週末サーファーの兼業投資家。株式メインですが仮想通貨やドル円FXも駆使して10億を目標に日々命がけの戦い。

雨の日のサーフィンのメリットデメリット。

ども、週末サーファーのたぬきちです。

梅雨のこの時期、雨の日ってテンション下がりますよね。
サーフィンにいくにしても、雨はちょっと・・・という方もいるかもしれません。

しかし、雨の日サーフィンのメリットは多いのです。

f:id:HIROPPY:20190616140427j:plain



メリット1:人が少ない

雨の日サーフィンのメリットの一つ目は、人が少ないという点です。
雨の日にサーフィンする人は、本当にサーフィンがしたい人だけなので、その分人が減ります。
天気がいいとみんなサーフィンいきたくなりますし。

初心者なども少なくなるため、マナーも比較的よくなる点も見逃せません。

メリット2:良い波がきやすい

雨の日は気圧配置的に、オフショアになりやすく(場所にもよりますが)、良い波の日が多いです。
うねりも大きめのことが多く、波質の良いときにサーフィン可能です。

どうせ濡れますしね笑

メリット3:日焼けしにくい

雨の日の大きなメリットは「日焼けしにくい」ということです。

雨雲によって紫外線が弱まり、晴れの日よりも大幅に日焼けしにくくなります。

もちろんそれでも日焼け止めは必要ですが、晴れの日よりはだいぶマシです。

デメリット1:寒い

以上がメリットですが、もちろんデメリットもあります。

一つ目は気温によっては寒いということです。
夏などであれば、逆に涼しいためメリットになります。

雨に濡れるとウェットスーツを来ていても寒く感じますし、風が吹いていたらなおさらです。
海も冷たい雨によって冷やされるのか、いつもより冷たく感じます。

寒い季節の雨サーフィンは避けたほうが無難でしょう。

デメリット2:着替えとかが大変

デメリットの2つ目は、着替えなどが大変という点です。

雨が降っているため、濡れやすいですし、地面が濡れているのも難点です。
また車の中も濡れやすくなってしまうので、そのような点が面倒ですね。

デメリット3:海が汚い

最大のデメリットと言えるのが、海が汚い可能性が高いという点です。

雨が降ると、様々な汚れが海に流れてくるため、汚くなりがちです。

特に久しぶりの大雨などでは、非常に海が汚くなるため、衛生上からも避けたほうが良いです。

雨が続いたあとであれば、そこまで汚くはならないため、そういった点も考慮しておくこともおすすめします。

雷の日は絶対にやめておく

雨の日サーフィンはメリットが大きいですが、雷が鳴っている時は絶対にやめておきましょう
周辺に落ちただけでも死ぬ可能性があります。

また、最初は雨だけの日でも、雷がなり始めたら速攻で海から出てください。
それが雨の日サーフィンを行うための鉄則となります。

雨の日には防水バックが便利

雨の日にサーフィンする際には、濡れても良い格好で行動すると便利です。

ラッシュガードの服や、防水バックなどを持っておくと良いでしょう。

雨の日サーフィンをぜひ楽しんでみてください。

※免責事項:投資は自己責任でお願いします。当ブログはあくまで個人的見解を述べているだけであり、当ブログを元にした投資による損失等の責任は、当ブログは一切負いません。