読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自由人たぬきちのブログ

地方×都会のデュアルライフとシンプルライフを実践する、兼業投資家のたぬきちだよ

会社を受託事業とする考え方。自分の本業は週末起業。会社はリソースを得るための受託であり副業だ!

起業

たぬきちはふと思った。

「会社を受託事業とする考え方」

これは自分が現在「起業」していると想定して、現在務めている会社を「受託事業」と考えることによって、
実際に起業する際の「練習期間」とできる素晴らしい考え方なのではないかと。

もし、起業を考えている場合、現在の仕事は「経済的不安」をリスクヘッジするためのものであり、そのために時間を費やしているといえる。

これは起業した時の資金繰りが安定しないときに、「受託」でなんとかランニングコストを補填している状態とも言える。

そんな風に考えると、「食いぶちがあって恵まれているな」という思いと、「何やってんだ。早く本業で稼げるようにならなくては!」という思いが浮かんでくる。

もし、今の仕事が、将来的な独立につながる「知識・経験・技能」を得られるものであったら、こんなに恵まれていることはないだろう。

「受託」として「成長しながら」、本業への資金を稼ぐことができるのだ。

会社のいいところは、社会保険や税金等の計算と支払いを勝手にやってくれる。

その分、「本業」に力を使えるというわけだ。

「退職」せずに、「起業」する。
これが、これからの「新しい働き方」なのかもしれない。

ゼロ―――なにもない自分に小さなイチを足していく
堀江 貴文
ダイヤモンド社
売り上げランキング: 28