投資家たぬきちのブログ

地方×都会のデュアルライフとシンプルライフを実践する、兼業投資家のたぬきちだよ

女性向けバレンタイン活用法。ティッシュ配り戦略を使え!君に、心理学の返報性という武器を授ける。

バレンタインデーがやってきた。

浮かれる男子、ドキドキの女子の構図が巷で見られる一年で一回の行事。

そして、女性からのアプローチが唯一公式に認められている日といっても過言ではない。

その「チャンスの日」の活かし方を、男(♂)目線から考えてみたい。

バレンタインに女性から何かをもらう。

正直、どんな男性からでも悪い気はせず、むしろ全員気分がいいはずだ。

照れ隠しに「ツン」としている人も超多いだろうが、実際の気分としては良いに違いない。

身近でそれなりに知っている人からはもちろんのこと、あんまり知らない人からもらっても嬉しいものだ。

むしろ、そのような人からのほうが、逆にその後その人のことを意識するようになる。

それは、本命とか義理とかは関係ない。

これは、心理学における「返報性」という人間の特性に由来している。

人から無償で何かをもらうと、「何かお返ししなければいけない」という気持ちになる。

実際に行動を起こすかどうかは別として、誰しも多少なりともそのような気持ちを持つのだ。

その気持ちになるのが返報性であり、企業が無料でティッシュやサンプル品などを配るのも、その効果を狙って「購入したくなる気持ち」を起こさせるために行っている。

つまり、バレンタインは、女性から男性への販促活動であり、

女性から男性へのティッシュ配りなのである。

ここで、女性へのアドバイスは

義理でもいいから、とりあえず気になる男性にはなんかあげとけ!

ってこと。

別に当日とか、近日に「告白」する必要はない。

むしろ、チョコとかあげておいて、「意識させる」ことが重要なのだ。

あわよくば向こうからアプローチしてくるかもしれないのだから。

影響力の武器[第二版]―なぜ、人は動かされるのか
ロバート・B・チャルディーニ
誠信書房
売り上げランキング: 606


ほらあなより愛をこめて
たぬきち