読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自由人たぬきちのブログ

地方×都会のデュアルライフとシンプルライフを実践する、兼業投資家のたぬきちだよ

どうせ引越すなら郊外よりも都心で。田舎から上京した東京都心部の学校(会社)通いの学生(社会人)へオススメ賃貸。

日常 生活

来月引越し予定のたぬきち。
引っ越しは高校からひとり暮らしを始めてからもう7回目にもなるのである。

まだ20代のたぬきちには新住居契約の審査を通るかが最大の難関かもしれない。

自分事はさておき、引越経験豊富なたぬきちから一つ情報共有をしようと思う。
(東京都心部の学校や会社に通う方向けに)

たぬきちの経験からいうと、

都心部に通うのであれば都心部に住んだほうが良い

もちろん、価値観は人それぞれであり、好みも違うであろう。

たぬきちが以下にあげる理由に共感する方のみ、上記のアドバイスを受け入れていただければ幸いである。

都心部に住んだほうが良い理由

・通う時間を削減できる。(お金よりも時間が大事)
・都心部のほうが意外と緑が多く空気が綺麗。(税収が多いためか)
・セレブが多く、変な人がいなく、衛生上良い。(住人の質は重要)
・人が多いと思われがちだが、一区画入ると閑静。(意外と住みやすい)
・スーパーも意外と安く郊外とあまり変わらない。(まいばすけっとがオススメ)
・洗練された店や遊び場が多く、洗練された人になれる。
・美味い店が多い。(土地が高く、競争性が高いため淘汰される)
・チャンスに恵まれている。(イベント、人、ビジネスに出会える頻度が高い)
・給料の高い仕事(バイト)が多く、稼げる。
・文化的感度、情報感度が上がる。
・実質1,2万円しか郊外と変わらない。(通勤費や通勤時間のコスト、上記を失うコストと比較してみよう)


都心部のほうが良い要因はまだまだあると思われるが疲れたのでこのくらいに。

結論:同じような間取りの部屋で、1,2万円しか変わらないのであれば、都心に住むことをオススメする。

くれぐれも引越は自己責任で行いましょう。
自分で選択し、自分で納得し、自分で責任を持ち、自由にいきてゆけ!



ほらあなより愛をこめて
たぬきち