読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

投資家たぬきちのブログ

地方×都会のデュアルライフとシンプルライフを実践する、兼業投資家のたぬきちだよ

「1万円起業」書評要約まとめ!片手間で始めてじゅうぶんな収入を得る方法。

要約 起業 書評

前から気になっていた本書「1万円起業 片手間で始めてじゅうぶんな収入を稼ぐ方法 」を読んだのでそのまとめと感想を。

背景

・「小さい物が勝つ時代」自由と価値を手に入れるなら手軽に始められるマイクロビジネス
・市場テスト、立ち上げ、事業の拡大を短期間に安くできる環境が整ってきた
・思いついてから起業するまで1万円と1ヶ月あればいい

1万円起業の基本モデル

1情熱主導型
2超・低コスト
3利益が少なくとも500万円
4特別なスキル不要
5収支の完全公開
6従業員5人未満
+「自分のやっていることを、おばあちゃんにわかるように、堂々と説明できますか?」に答えられるもの

本書の目的

成功者たちの共通項を洗い出し、新しいビジネスの真理を創造する

マイクロビジネスがうまいくいく「たった3つのルール」

1他人の興味と自分の情熱の「共通部分」を探す
2スキルを転用する
3情熱やスキル+有用性=成功

立ち上げに必要な「たった3つのこと」

1製品またはサービス
2顧客
3売るものとお金を引き換える方法

潜在ニーズを満たすものを売る

1コアニーズに売り込む。物質的なニーズよりも感情的なニーズがコア。
2価値とは「人を助けること」
3ニーズの見つけ方
  UP  :お金・愛・自由・時間
  DOWN:ストレス・争い・葛藤・不安

情熱はときには役立つ。

(情熱+スキル)×(問題+市場)= ビジネスの機会

顧客を年齢・人種・性別に分けて考える必要はない。むしろ信念。

・信念や価値観を共有する人を顧客にする
・1のブームを追って権威になれば、手助けができる

ビジネスプランはA4用紙一枚に

・素早くスタートし、反応を見てから考える

売り出すときのルール

1市場性の高い(有用性のある)テーマを選ぶ
2費用を抑える
3まず売ってみる
4作る前に市場を確かめる

断れないオファーの条件

1人が「ほしいもの」と「ほしいと言うもの」は必ずしも同じではない
2ほとんどの人は買うのが好きだ。しかしたいてい買わされるのは嫌がる
3背中を押す
4よくある質問(FAQ)はPRのためにある
5信じられないほどすばらしい保証

ハリウッド映画に学ぶ新作発表の手順

1まず「とにかくすごい」だけを伝える
2なぜこのプロジェクトは重要かを伝える
3具体的な発売情報を伝える
4発売はもうすぐ!と伝える
5ついに発売!と伝える
6リアルタイム情報の発信
7チャンスをお見逃しなく - 終了期限を伝える
8ありがとうまた会いましょうと伝える

自力で無料の売り込みをする
収益性を高める3つの原則

1コストではなく、ベネフィットに基づく価格
2限定的な範囲で何種類かの価格を提案
3二回以上稼ぐ

収入を倍増させる微調整(ツイーク)

ステップ1:アクセス数を増やす
ステップ2:コンバージョン率を上げる
ステップ3:平均販売価格を上げる
ステップ4:お得意様への販売量を増やす
応用1:「殿堂入りカスタマー」を選ぶ
応用2:上位モデルを勧める
応用3:口コミを作り出す
応用4:考えられる一番強力な保証をつける
応用5:逆に、保証をつけない点を売り物にする

拡大可能なビジネスは「教えやすさ」と「価値の高さ」を兼ね備える

以上がたぬきち的まとめである。

本書は副業的に稼ぐ「副起業」的なもの対象としており、
このような形でまずは副業としてやっていくのも面白い。
まだ会社を「利用」し続けている段階のたぬきちにはとても有用な本であったので、リスクなく起業したい人にはぜひお勧めしたい。

たぬきちも既にあるプランを早速行動に移す。

1万円起業 片手間で始めてじゅうぶんな収入を稼ぐ方法
クリス・ギレボー
飛鳥新社
売り上げランキング: 320