読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

投資家たぬきちのブログ

地方×都会のデュアルライフとシンプルライフを実践する、兼業投資家のたぬきちだよ

3泊6日ケアンズ旅行モデルプラン!オーストラリアでコアラとグリーン島、ミコマスケイを楽しむ

ども、たぬきちです。

8月中旬にお盆休みをかねて、オーストラリアのケアンズへ旅をしてきました。
この時期は、オーストラリアの季節は真冬ですが、昼間は25度程度で過ごしやすい天気です。
また、乾季でもあり、一年のうちで降水量が一番少ない月でもあるため、旅行には適している時期といえます。

海は冷たいかと言われれば、正直冷たいですが、慣れれば普通に泳げる程度です。
日差しがでていれば、普通に楽しく海に入れます。

そんなケアンズに3泊6日で行ってきましたので、これから行く方のご参考になればと、たぬきちのケアンズ旅行プラン例をざっと書いていきます。

1日目 マニラ経由でケアンズへ

15時頃の飛行機でマニラへ
19時頃マニラにつきtransfer
23時頃ケアンズへ出発

1日目は昼出発なため余裕をもっていきました。
直行便ではないため不便でしたが、その分安くいけましたのでお得でした。
(航空券・ホテル代込で7万程度で、お盆休み中の国内旅行と比べても同日数であれば格安でしょう)

マニラ空港は正直しんどいです。
お店などもありますが、現金のみでドル・ペソしか使えないためご注意を。

2日目 コアラふわふわ

朝7時ごろケアンズ空港へ到着。
そのままレンタカーを借りて、ケアンズの北にある動物園、ハートリースアドベンチャーズへ。
ロータリー式交差点に戸惑いつつも、途中の美しいオーシャンビューに癒されながら40分程度で到着。
そこでワニや、コアラとふれあいました。
ワニのパイや、ハンバーガーうまかった!!
コアラ癒される!!
f:id:HIROPPY:20160820071417j:plain

その後、帰り道に海へ立ち寄り(全裸の方が多いビーチ!?)、カルチャーショックを受けつつも、
キュランダへ。
キュランダでは滝などを見ましたが、正直あまり見るものがありませんでした・・・
キュランダ鉄道はあの「世界の車窓から」のオープニングに使われていただけありおすすめらしいです(高いですが)
キュランダの街自体は小さくあまり魅力がなかったです
2日目は早めの18時ごろホテルに到着し就寝です

3日目 グリーン島でバカンス

朝7時半にレンタカーを街で返し、そのまま歩いて10分くらいでケアンズビーチターミナルへ。
そこで予約していたグレートバリアリーフに浮かぶグリーン島への往復ツアーに参加です。
6000円くらいで往復でき、シュノーケルやグラスボートを楽しめるためお得です。

やはり人気のグリーン島。人が多かったです。
しかしながら、ビーチの端のほうにいけば充分プライベート感満載。
美しい海は、泳げばすぐに多くの魚たちやサンゴに出会えます。
ウミガメも普通にいました。

島には熱帯雨林もあり、すぐに一周できてしまいます。
お店もいくつかあるため、この日もランチはハンバーガーでした。
巨大なため二人で一つでも大丈夫でした(1200円程度)

グリーン島は人が多いですが、有名な場所でコスパが非常に良く充分楽しめるためおすすめです。

16時頃の船で戻り(船で40分程度です)、ケアンズに着いたら町中を散策。
スーパーでオージー・ビーフを購入し、BBQで格安&思い出ディナー。
ケアンズはホテルにも公共の場にもBBQができる鉄板機器が置いてあります。
キャンプとかで充分生きていけそうな環境です。
(移住しよかな)

4日目 ミコマスケイでグレートバリアリーフを120%楽しむ

4日目は再び7時にビーチターミナルへ。
今回はミコマスケイというグレートバリアリーフに浮かぶ砂浜の島とアウタリーフを巡るツアーです。
ダイビングもできるのですが、予算等からシュノーケリングをしました。
しかしながら、シュノーケルでもダイビングと変わらずに魚の群れや美しいサンゴを身近に見ることができたため、ダイビングの必要がないほどに感じます。(上級者はシュノーケルでも潜ったりしてました)
今回のツアーは日本人が全くおらず、完全アウェイでしたが、正直いないほうが海外感があって楽しめます。

ミコマスケイは純白の砂浜で海も非常に美しいです。
海鳥も多くまさに楽園。
行く価値ありです。

ケアンズに戻ってからはお店でディナーを食べようと、どこかのサイトで1位だったステーキ屋HOGSにいきました。

連日のステーキでしたが大ボリュームで大満足。
その後、カジノに行き、その日は終了です。

5日目 のんびりケアンズの日常

最終日はのんびりと過ごしました。
もう一度レンタカーを借りて南のほうにいくこともできましたが、疲労もあり、買い物メインでした。
遅めの10時にホテルを出て町中へ。
いろいろとお店を見て回った後、ターミナル近くの海辺のレストランでシーフードランチ。
その後カフェやパイ屋のpie faceなどにいきつつケアンズを満喫。
夜に空港へタクシーで戻り、出発。

6日目 爆睡で超回復&リセット

6日目の真夜中にマニラについて、transferし、日本に帰国したのは昼過ぎでした。
帰国日の夜は12時間を一瞬で寝てしまいました。

オーストラリア移住したい

オーストラリアにいってみて、改めてその良さを痛感しました。
ハワイなども良いですが、オーストラリア(ケアンズ)はより可能性のある場所のように思えました。
ケアンズで起業するのも面白いかもしれません。
移住を前向きに検討していきます!

C12 地球の歩き方 ゴールドコースト&ケアンズ 2016~2017

ダイヤモンド・ビッグ社
売り上げランキング: 127,819

シュノーケルは必需品!