投資家たぬきちのブログ

目標10億円の株式メインの兼業投資家。学生から株式投資を始め、仮想通貨投資で数千万稼ぐ。趣味はサーフィンとスノボとグルメ。

CASE文でNULL判定まとめ!sqlでの条件分岐であるかないかNULLかどうかを制御(Oracle)



SQLで条件分岐する際にNULL値かどうかを判定する方法を説明。


CASE文で実現するのがカンタンであり、NULL判定は
「WHEN 項目名 IS NULL」
で行う。

 

f:id:HIROPPY:20180324125309j:plain


具体的な構文は
CASE 
WHEN 項目名 IS NULL 
THEN 式1 
ELSE 式2 
END
となる。

項目名がNULLの場合は式1
NULL以外の場合は式2に処理が分岐される。

以下にサンプルとして
従業員テーブルからIDと名前を引っ張り、
NULLだったら異なる列のTANUKICHIから値を持ってくる
という処理を示す。

SELECT 
ID,
Name,
CASE
WHEN ID IS NULL
THEN TANUKICHI
ELSE ID
END
FROM Employee

参考になれば、幸いです。

ほらあなより愛をこめて
たぬきち

 

 

[改訂第4版]SQLポケットリファレンス

[改訂第4版]SQLポケットリファレンス

 

 

※免責事項:投資は自己責任でお願いします。当ブログはあくまで個人的見解を述べているだけであり、当ブログを元にした投資による損失等の責任は、当ブログは一切負いません。