読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

投資家たぬきちのブログ

地方×都会のデュアルライフとシンプルライフを実践する、兼業投資家のたぬきちだよ

【新卒&中途】最終面接の結果が来ない理由と対処法まとめ【転職】

ども、たぬきちです。

就活って大変ですよね。
新卒採用も中途採用も場合によっては何ヶ月も費やす面接スケジュール。

1次、2次、3次、4次、5次と多い会社では何回も面接があります。
そういった会社は大企業みたいなところが多いですね。
(ベンチャー系だと一回で終わってしまうことも)

苦労して最終面接までいった後の、結果がなかなか来ないって最高にストレスかと思います。
検索してこのページにたどり着いたそんな「あなた」に最終面接の結果についての情報を共有いたします。

受かる! 面接力養成シート
田口 久人
日本実業出版社
売り上げランキング: 1,024

最終面接の結果が遅い場合の理由

企業側としては、素晴らしい人材であればあるほど、他社に取られてしまう恐れから内定結果を早く伝えたいはずです。
一方、不採用の場合も結果がすぐに出るはずなので、応募者の負担にならないように早急に伝えます。

ではなぜ遅れてしまうのか?

その理由として大きく3つあります。

1. 他の応募者の面接待ち

企業としては、より優秀な人材をとりたいですので、よっぽど飛び抜けていない限り、他の候補者との比較をしてから決定したいです。
そのため、面接スケジュール的に、他の候補者が遅れていた場合、その候補者の面接結果が出るまで待たされることになります。

2. 決済フロー待ち

大企業になるほど、社長や役員の決済をとるまで時間がかかったり、ちゃんとフローを通過しなければ内定の提示ができないことが多いです。
そのような社内調整で、決済者が忙しい場合などは、待たされることになります。
人事としても早く内定を出して優秀な人材を確保したいのに出来ないといったことが起こります。

3. 伝達ミス

電話番号やメールアドレスが間違っていたor会社側が間違えてしまったという可能性もあります。
または、社内が大変忙しい時期で、どこかでミスがあり忘れられてることも考えられます。
この場合は、確認の連絡をいれるのが良いでしょう。

面接結果が遅い場合の対処法

対処法としては、電話もしくはメールで確認の連絡を入れる以外ないです。
「結果は〇〇日後連絡します。」ということを聞いていれば、その日数以上に遅れている場合は、確認を入れましょう。
また、何日後に連絡があるか聞いていなかった場合は、1週間程度してからどの程度かかるかの確認を入れる必要があります。

確認の連絡を入れたからといって、不採用になることは基本的にないので、遠慮せずに聞いたほうがよいです
(逆にその程度で、不採用にしてしまう会社はやめておいたほうがよいかも)

待っている間がもったいないのですぐ次へ

次にいくためのたぬきちオススメサイトをあげときます。
ディンプル/業界最大級の求人数!
フリーランスITエンジニアの案件・求人情報サイト【ギークスジョブ】
20代の既卒・フリーター・第二新卒を専門にした就職支援を10年前からスタート!再就職ならジェイック!