投資家たぬきちのブログ

地方×都会のデュアルライフとシンプルライフを実践する、兼業投資家のたぬきちだよ

多動力?定時帰りで昇給しながら副業で稼ぎつつ株式投資で増やす好循環。

ども、たぬきちです。

今年中に独立しようと画策していたたぬきち。
しかし本業の仕事が楽に稼げるため、副業として行っていたほうがメリットが大きい状態を抜けられず、そのまま続けてしまっています。
それに本業の合間に投資や内職できますし。
副業(こっちが本業?)も着々と利益を伸ばしており、業務の隙間時間での投資もうまくいっています。

「それなりの給料で定時帰りしながら、人生を楽しみつつ副業で稼ぎ投資で大きく儲ける」

というスタイルが自分の場合は独立より精神的に楽だし、大きく稼げるかもと思い始めています。

f:id:HIROPPY:20170618160427j:plain

受託事業意識

大企業のサラリーマンとして働いているわけですが、入ったときから「受託事業」という意識で働いています。
そのため勤務時間中はいかに少ない労力かつ短時間で成果をあげて、別のことをするかに意識を集中させています。

特に大企業ですと、人が多いため仕事量がそもそも少ないですし、成果を出したい人や仕事中毒な人がいるため、そんな人へ仕事を受け流すことが可能です。
もちろん仕事としても社会貢献としても人並み以上のバリューを提供しますが、短時間でも成果を出しやすい構造になっています。
短時間で終わらせようと思えば、企業特有の無駄な作業を除けば可能なわけです。

受託事業という意識であれば、いかに「生産性」を上げて短時間で利益(給料)を獲得するかという意識になります。
また、受託事業という意識であれば必要以上にその収入に執着しなくなり、昇格よりも時間を優先するようになります。

それでも仕事をこなしていればに定時帰りでも大きく昇給できるのはありがたいですね。

副業をコツコツと

副業をコツコツと進めるメリットも大きいです。
どうしても同じことをやっていると飽きるたちなので、1日数時間の作業が一番効率が良い気がします。
最低限の収益を確保しつつ、副業として行えるため精神的にも「趣味」のような形で事業を楽しむことができてます。

またストック型の副業の場合、日々コツコツと座布団のように収益が増えていくので、それも楽しいですね。

投資でドカンと

個人的に投資が一番面白いですが、これ一本だと精神的にキツイと思います。
ベストタイミングを待つことも時間がかかりますし、中長期投資スタンスの場合は時間がかかることも多いです。
日中本業に気をとられている状態が逆にリフレッシュというか、株価を見すぎずにちょうどいい距離感で投資ができます。

余剰資金を使って「ここぞ」というときに勝負しやすいのも、複数の収入源があるからなせる技ですね。
安定収入があるとリスクをとりやすいです。

いずれは独立

独立後の本業プラスさらなる副業プラス投資という状態が今は理想です。
3本くらい収入源がないとリスクだなと感じています。
副業が拡大しサラリーマンをしているメリットがなくなるまでもう少し今の状態のまま「ぬるま湯」に浸かっていようかなといった気分ですね。

でもやはり「ここぞ」というときには独立するとは思います。

サラリーマンのままで副業1000万円
栗林 篤
WAVE出版
売り上げランキング: 6,324