投資家たぬきちのブログ

株式メインの兼業投資家。学生時代から株式投資を始め、ビットコインをはじめとする仮想通貨投資で数千万稼ぐ。趣味はサーフィンとスノボとお酒。

Webエンジニアの独立フリーランスは稼げるよ。副業にもおすすめ。

ども、たぬきちです。

Webエンジニア・プログラマー経験のある方は、副業としてフリーランス案件を受注してみてはいかがでしょうか。
今の時代、会社員でいるより、はっきりいって稼げます

f:id:HIROPPY:20170128151912j:plain

独立起業にもおすすめなフリーランス経験

現在エンジニアとしてサラリーマンをしている方は、今後の選択肢として独立・起業を視野に入れている方も多いことでしょう。
既にひとつの会社に生涯しがみつくという考え方は過去のものになりつつあり、実際にそのような生き方のリスクは高まっています。
逆に、会社員の状態では、触れられる知識が技術が固定化しやすいため、エンジニアとしての寿命が短くなりがちです。

将来のためにも、副業としてのフリーランス経験は重要になっていきます。

会社員としての仕事とフリーランスの仕事の違い

会社員は失敗しても許されたり、周りの人が助けてくれる環境であるため、どうしても甘えが出てきてしまします。
一方、フリーランスの場合は個人で受注して納品するまでプロとして手抜きをすることがしにくくなります。
このフリーランスの感覚を養っておくことは、本業にも大いに役立つことでしょう。

稼いで自由を手に入れよう

本当にフリーランスって稼げるの?とか、自分にそんな力があるのかな?と迷っている方は、とにかくやってみたらいいです。 本業がある間は、たとえ失敗したって失うものはありません。
むしろその失敗が今後に大きく役立つことでしょう。

迷うなら、フリーランス仲介サイトにとりあえず会員登録しておくことをおすすめします。
気が向いたときにすぐ試してみることができますので。

おすすめのサイトはポテパンフリーランスです。
案件数が多く、高単価報酬なため、月100万円のような高収入が狙えます。
ぜひ登録だけでもオススメですよ。

会計フリーで副業の確定申告の具体的手順と方法

ども、たぬきちです。

今年はクラウド会計ソフトである会計freee(会計フリー)を用いて確定申告を行いました。
まだ確定申告をしたことがない方や、どうやって会計フリーを用いて確定申告をすればいいの?という方に向けて簡単な解説記事を書きたいと思います。

f:id:HIROPPY:20170228193550j:plain

クラウド会計ソフトは確定申告にもはや必須

クラウド会計ソフトは確定申告に必須といって過言ではないほど便利なツールです。
自動で口座やクレジットカードなどの収支を連携でき、仕訳を行うだけで簡単に確定申告書が作成できます。
具体的に何が良いかといいますと、

  • PCやスマホアプリからなどマルチデバイスで操作可能

  • 常に最新の機能にアップデートされる

  • 複数の口座やクレジットカードと連携できる

  • 確定申告書をらくらく出力

といったように、日々の記帳から確定申告までをスピーディーかつ簡単に実施できてしまいます。
税理士に頼んだり、自分自身で行う場合の時間コストと比較したら非常に安価ですので、ぜひ活用ください。
無料から使える会計ソフト「freee(フリー)」

会計フリーによる確定申告方法

それでは、実際にどのようにして確定申告をしたかという具体的な手順を簡単にご説明いたします。

  1. まずは必要書類をあつめます。たぬきちの場合は本業の源泉徴収票が必要でした。

  2. つぎに、1年の収入を登録して経費を差し引きます。
    これは月次のタイミングで毎月行っていると楽です。
    一年に一度にやってしまう場合は、収支の入る口座と連携して仕訳を行い、経費についてはクレジットカードと連携してクレジットカードの明細を証拠として経費を差し引けばOKです。

  3. 会計フリーの確定申告機能を用いて、基本情報を入力して帳票を出力します。

  4. 印鑑を押印したり、マイナンバー書類を貼り付けたりして提出資料を完成させます。

  5. 税務署に提出&納税します

以上、ざっくりとした確定申告の手順となります。 なにも難しいことはなく、非常に簡単だということがご理解いただけたかと思います。

会計フリーには無料期間があるためぜひお試しを

会計フリーは非常に便利ですが、有料ですので躊躇される方も多いかもしれません。
そんな方は無料期間を利用して、使用感を試してみてはいかがでしょうか。
無料から使える会計ソフト「freee(フリー)」

クレジットカードは可能な限りたくさん持っておこう

たぬきちは事業用にYahoo! JAPANカードを使用しています。
Tポイントが溜まりやすく非常にお得です。

独立時にはいろいろとお金が必要となることもあるため、信用のある会社員のうちに多くのクレジットカードを作っておくことをおすすめします。

副業の確定申告を渋谷税務署へ休日にしてきたよ。クレカと会計freeeで超時短。

ども、たぬきちです。

渋谷税務署が休日に開催している確定申告会場のベルサール渋谷ファーストにて副業の確定申告をしてきました。
現在本業については年末調整していますが、それ以外にも収入源が複数あるため、そちらの確定申告でした。
今年は会計freeeとクレジットカードのフル活用により非常に簡単に実施できました。

f:id:HIROPPY:20170227184836j:plain

副業の確定申告には会計フリーが便利

会計フリー(無料から使える会計ソフト「freee(フリー)」 )はマジで便利です。
アプリでさくさく仕分け処理ができて、それを一気に確定申告するだけ。
年間1万円程度の出費となりますが(無料期間あります!)、税理士に頼むよりは確実に安いですし、確定申告の作業時間を大幅に削減できるため安心です。
もちろん会計フリーの代金を経費にしてしまえば節税にもなります。
クラウド会計サービスを使用していない方は、無料から使える会計ソフト「freee(フリー)」 の導入をおすすめいたします。

副業事業用に口座とクレジットを分けていると便利

副業されている方は、副業用の銀行口座と、その口座に紐づけてあるクレジットカードを別途持っていると非常に便利です。
もちろん会計フリーとの連携時にも使用でき、処理が楽になります。
クレジットカードを分離しておくと、副業用の経費を何に使用したかが分離して管理できるようになります。
副業による収入は全てこちらの口座に入れておけば、収入に関しても分離できるため事業としての収支を完全に分離することが可能です。

たぬきちは事業用にYahoo! JAPANカードを使用しています。
Tポイントが貯まりますので非常にお得です。
独立前にクレカを作れるだけつくっておくのはもはや常識ですね。

ビットコインの確定申告

ビットコインでも大幅に利益が出ていますが、ビットコインの税金はどうなっているかといいますと、そもそも貨幣として認められておらず、金などのような「物」という認識であるため、物の売買と同じ税金となります。
一報、ビットコインの口座から引き出ししなければ利益として確定しないため、儲かっていても利益を確定しない限り税金をとられることはないため、その辺を調整しています。
また、利益が出ていても50万円以下であれば控除されるため、ビットコインは非常に税金メリットが大きい投資対象といえるのではないでしょうか。

スムーズに独立へ

副業をしながら確定申告などの税務などを経験していれば、独立イメージもつきやすいですし、それまでの経験値も溜まっているため、スムーズに独立できることでしょう。

独立用におすすめのカードはYahoo! JAPANカード

会計フリーはもはや必須ではないでしょうか。
無料から使える会計ソフト「freee(フリー)」

サラリーマンをずっとやっていたくない方や、独立して大きく儲けたい方は、副業から始めることを強くおすすめします。

※免責事項:投資は自己責任でお願いします。当ブログはあくまで個人的見解を述べているだけであり、当ブログを元にした投資による損失等の責任は、当ブログは一切負いません。