投資家たぬきちのブログ

地方×都会のデュアルライフとシンプルライフを実践する、兼業投資家のたぬきちだよ

会計フリーで副業の確定申告の具体的手順と方法

ども、たぬきちです。

今年はクラウド会計ソフトである会計freee(会計フリー)を用いて確定申告を行いました。
まだ確定申告をしたことがない方や、どうやって会計フリーを用いて確定申告をすればいいの?という方tに向けて簡単な解説記事を書きたいと思います。

f:id:HIROPPY:20170228193550j:plain

クラウド会計ソフトは確定申告にもはや必須

クラウド会計ソフトは確定申告に必須といって過言ではないほど便利なツールです。
自動で口座やクレジットカードなどの収支を連携でき、仕訳を行うだけで簡単に確定申告書が作成できます。
具体的に何が良いかといいますと、

  • PCやスマホアプリからなどマルチデバイスで操作可能

  • 常に最新の機能にアップデートされる

  • 複数の口座やクレジットカードと連携できる

  • 確定申告書をらくらく出力

といったように、日々の記帳から確定申告までをスピーディーかつ簡単に実施できてしまいます。
税理士に頼んだり、自分自身で行う場合の時間コストと比較したら非常に安価ですので、ぜひ活用ください。
無料から使える会計ソフト「freee(フリー)」

会計フリーによる確定申告方法

それでは、実際にどのようにして確定申告をしたかという具体的な手順を簡単にご説明いたします。

  1. まずは必要書類をあつめます。たぬきちの場合は本業の源泉徴収票が必要でした。

  2. つぎに、1年の収入を登録して経費を差し引きます。
    これは月次のタイミングで毎月行っていると楽です。
    一年に一度にやってしまう場合は、収支の入る口座と連携して仕訳を行い、経費についてはクレジットカードと連携してクレジットカードの明細を証拠として経費を差し引けばOKです。

  3. 会計フリーの確定申告機能を用いて、基本情報を入力して帳票を出力します。

  4. 印鑑を押印したり、マイナンバー書類を貼り付けたりして提出資料を完成させます。

  5. 税務署に提出&納税します

以上、ざっくりとした確定申告の手順となります。 なにも難しいことはなく、非常に簡単だということがご理解いただけたかと思います。

会計フリーには無料期間があるためぜひお試しを

会計フリーは非常に便利ですが、有料ですので躊躇される方も多いかもしれません。
そんな方は無料期間を利用して、使用感を試してみてはいかがでしょうか。
無料から使える会計ソフト「freee(フリー)」

クレジットカードは可能な限りたくさん持っておこう

たぬきちは事業用にYahoo! JAPANカードを使用しています。
Tポイントが溜まりやすく非常にお得です。

独立時にはいろいろとお金が必要となることもあるため、信用のある会社員のうちに多くのクレジットカードを作っておくことをおすすめします。