読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

投資家たぬきちのブログ

地方×都会のデュアルライフとシンプルライフを実践する、兼業投資家のたぬきちだよ

3連休は京都・奈良・三重・愛知4府県の文化とおすすめグルメの二人旅。

ども、たぬきちです。

久々に旅行記事をメモってます。
いつもは、書こうと思っていながらそのまま書き忘れてしまうパターンが多いため、伊勢市駅から名古屋駅への移動中の特急電車内で大体を書きました。

最近、隔週で旅をしている感じなのですが、この3連休は4府県を回るアクティブな旅になりました。
本記事ではざっくりと旅の行程をメモしています。

京都祇園祭り前日

1日目は東京駅から9時半頃新幹線で京都へ向かいました。
さすがに祇園祭のある3連休だけあって、京都駅は大混雑。
コインロッカーが空いておらず探したところ、ポルタのフード街の奥に空いているロッカーを発見。
(結構空いていたのでコインロッカーの穴場の模様です)

そしてそこからバス移動を開始しようとおもいきや、清水寺いきのバスが大行列。
並んでみたところ意外とすぐに乗れました。

そこから石塀小路近くの名店「つじ華」でランチ。

tabelog.com

非常に美味しゅうございました。

ランチ後、近くのごま専門店の祇園むら田やら、石塀小路やら(意外と人が少ない!)、八坂神社やらをめぐって、
小腹がすいてきたところで「ぎをん 小森」でかき氷

tabelog.com

1時間程度、少休憩後、商店街などを練り歩き、午後6時の歩行者天国開始ちょうどに参戦。
祇園祭り前日の「やぐら」を見ながらビールと唐揚げなどをいただく。(大混雑)
山本山など一通り見た後、京都駅に戻りうどんを食べて、その日は終了です。

奈良の長谷寺で癒される

2日目は、電車で奈良の長谷寺へ。

寺の良い所が全てあるような、意外と素晴らしい場所でした。
風情のある階段、清水寺のような舞台、見事な大仏、綺麗な花、美しい景色。
何よりかわいい拝むたぬきちもいます。ぜひ探してみてください。

また、寺の麓の商店街では、柿の葉寿司草もちを、いただきました。 柿の葉ずしは製造直売所でいただき、ふんわりとした出来立てならではの味を楽しめます。 草もちも出来立てのアツアツで柔らかいものが美味です。

長谷寺を参ったあと、少々時間があったため駅近で便利な薬師寺へ。 入場料800円と規模の割にはお高いですが、世界遺産なためしかたない。。 食堂と東塔が修理中で正直景観もよくありませんでした。 それでも中の仏像や五重塔は見事でした。 個人的には長谷寺のほうが圧倒的におすすめです。

2日目の夜はそのままバーベキューを行い奈良編は終了となります。

三重の伊勢神宮の神々とのご対面

3日目は伊勢神宮へ。
途中の三重の県庁所在地である「津」にて格安1500円の松阪牛ランチをいただきました。
津の「伊勢門」というお店です。

tabelog.com

その後、伊勢神宮外宮を参ってから、
内宮へいきました。

明治神宮のような雰囲気に近いですが、規模が段違いかつ、より神聖さと空気の綺麗さが凄いです。
まさにパワースポット

五十鈴川沿いの商店街も風情があり、非常に楽しめます。
伊勢神宮にきたらぜひとも食べたいのは赤福

3個290円と安く、川沿いでいただけるため非常におすすめです。

おかげ横丁でも射的など昔ながらの遊びを楽しめます。

最後に名古屋で味噌カツ。

伊勢神宮を参った後は、電車で名古屋駅へ。
特急で約1時間半くらいです。

名古屋では旅の最後のシメとして「味噌カツ」をいただきました。
名鉄の矢場とんです。

tabelog.com

マジで美味でした。

東京から2泊3日で4府県の充実した旅

今回の旅は、旅自体が目的ではなく、実はとある目的があり、そのついでの旅でした。
しかしながら、旅として充実した3日間にできたかなぁ。

今月はもう一回旅があり、来月はオーストラリアと目白押しですが、
できるだけ記事を書いていきたいと思いますので、乞うご期待ください。

伊勢神宮: こころを照らす神々の都
Kankan
書肆侃侃房
売り上げランキング: 330,667