投資家たぬきちのブログ

地方×都会のデュアルライフとシンプルライフを実践する、兼業投資家のたぬきちだよ

進撃の巨人14巻 - 考察まとめ!!

進撃の巨人14巻がついに発売!!考察をまとめてみた。

結論を先にいうと
・エレンの座標という力は、世界の勢力図を変えうるほどの重要な力
・レイス家の血族は「巨人にする力」「記憶を操作する力」などの特殊能力を有する可能性が高い
・王族は座標とレイス家を用いても、自分の身を固めるだけの可能性がある
・猿や外側の人類は座標に危機を感じて、総攻撃をしかけてくるかもしれない

ヒストリア・レイスが真の王族であり女王の資格を持つ

このことから、王政はヒストリアを狙っている。その目的は女王に即位させるか、殺すかだが、殺すなら最初から殺すことを目的としているはずで、奪うということはしないはずだ。
ということは、調査兵団の目的と同じく、女王に即位させるのか、あるいはレイス家の血族に「特殊能力」があり、それを欲しているのか、またはその血族に対する強固な誓約制度があるのか、のどれかだ。
ヒストリアの母はレイス家の血が流れていなかったから殺されたといえる。
ということはやはり血が重要であり、強固な誓約制度とはその血がもつ「特殊能力」に対して効果を発揮しているというのが妥当なところではないか。
「特殊能力」は何かを考えると、「巨人化する力」もしくは「巨人にする力」あるいは「記憶を操作する力」なのではないだろうか。
今ままでの戦闘でヒストリアが大きく傷ついていないのを見ると、「巨人化する力」の可能性が高く、能力の希少性を考えると「巨人にする力」が妥当なように思える。

そうすると、ヒストリアの力で人々を巨人にし、その巨人の一人にエレンを食べさせることによって、王政側は強力な力を得る。
それを猿や巨人を駆逐するために使えば、調査兵団の目的と一致する。
しかし、王政側は自分たちの欲と安全を満たすためだけにその力を使うとも予想されるため、そうなると、他の人々の安全は保証されない。

「座標」の力を持つエレンは器で、エレンを食べればその能力を継承できる

このことから本書で述べられていたように、王政はその能力を得るためにエレンを狙っている。
また、このことから、エレンの父がエレンに注射したのは、その座標の力のもつものの血という仮説も考えられる。
もちろん、記憶を操作する薬という説もあるだろう。

ライナー達は巨人化できる種族

壁の外側の人類であると想定されるライナー達は「巨人化できる力」を持つ種族である。しかしながら外側の人類にも「座標」の力はなかった。
「座標」の力を持ち帰るか、あるいは壁の中の人類を殺すかがライナー達に与えられた使命だったとするのが妥当だろう。
しかし、レイス家には全く関与がないところを見ると、そもそもレイス家の血の情報を知らないか、もしくはあまり重要でないと考えているのではないか。

発売日が12月9日の進撃の巨人15巻が待ち遠しい。