読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

投資家たぬきちのブログ

地方×都会のデュアルライフとシンプルライフを実践する、兼業投資家のたぬきちだよ

進撃の巨人13巻ネタバレ書評!敵は内側にいる!?

待ちに待った進撃の巨人13巻を読んだのでその感想と、ネタバレ注意な書評を。

前回、「座標」という力を使ったエレン、巨人側についたユミルたちのその後が気になっていた。

しかし、今回はそれらの真相にはあまり触れらなかった。

だが、新しい展開として、エレンとクリスタを狙う「憲兵団」VS「調査兵団」という構図が浮き彫りになっていった。

王政側の憲兵団がエレンとクリスタを狙うということは、王政も「巨人側」という可能性もある。

しかし、それなら、なぜ今までの状態があったのかが謎になる。

王政は巨人を操れる力を隠しもっていたが、それを使わなかった。

これが事実であることはほとんど間違いないように思える。

なぜその力を使わなかったのかというと、その力を使うように市民に誘導される恐れがあり、
それを行うと、「猿側」を怒らせて王側が駆逐される恐れがあったためではないだろうか。

王政と猿が、ほぼ「冷戦」状態として、今までの100年があったと考えるのが妥当ではないだろうか。

そう考えると、ライナーたちは、王政の情報を得るために送り込まれた「猿側のスパイ」といえる。

スパイを送り込む必要があるということは、王政側に猿側を駆逐できる秘策・兵器がある可能性がある。

しかし、王政側がそれを使わなかったのは、失敗すれば自分たちが駆逐されるリスクがあったからだろう。

猿側がその冷戦状態を破ったことで、王政、市民、調査兵団、猿&巨人という陣営に分かれ、
各者の各々の戦略が繰り広げられているようにも見える。

14巻が待ち遠しい。

ほらあなより愛をこめて<?br> たぬきち