読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自由人たぬきちのブログ

地方×都会のデュアルライフとシンプルライフを実践する、兼業投資家のたぬきちだよ

これを読まずに起業するのはバカ。リーン・スタートアップ書評要約まとめ!

書評 要約 まとめ

エリック・リースの「リーン・スタートアップ」を読まずに起業するのはバカ。

と言い切れるほどに、本書は良書である。

不確実な状況下で進む不確実なプロセスである「起業」という行為を「マネジメント」するという視点で書かれている。

つまり、不確実であるはずのものを「コントロールする」という自己矛盾的な行為を「科学」しているのだ。

「起業を科学する」アプローチで体系化されたマネジメント術であるこの「リーン・スタートアップ」という手法は、今後の起業の必須科目といっていいほどの出来である。

本書のアプローチの凄いところは次のとおりだ。

1.起業を科学している
2.起業をコントロールできるようにしている
3.成功確率を確実に上げるアプローチである
4.現実的であり、実践的な理論である

いわば「不確実性をコントロールするための理論」である。

凄くないか!?やばくないか!?

不確実性をコントロールできたら、この世でなんだってできてしまう!!

つまり、サイコロを振る「神」を従えることができるのだ

このアプローチを誰でも出来る形に完璧に理論化したら、「世紀の大発見」といってもいいかもしれない。

だってブラック・スワンを制御するようなもんだから。

以上が本書の書評だが、本書は読んでこそわかるものいえる。

本書の要約についてはまたあとで行いたいと思う。

とにかく、誰でも「買って損はない」本であることは確かだ。


スポンサーリンク


ほらあなより愛をこめて
たぬきち


関連する記事はこちら

・この世でいちばん大事な「カネ」の話-書評要約まとめ!貧すれば鈍する。
・書籍代をケチってはならない。むしろ本にお金を浪費すべきだ。重要な自己投資として。
・安藤美冬の限界 - 書評要約「僕たちはこうして仕事を面白くする」
・堀江貴文「ゼロ」書評要約!地頭の良さと圧倒的な行動力(ノリのよさ)で駆け抜けた起業人生 - 意外と面白くホリエモンがよくわかる本。
・こんなビジネス起業したい!「僕はミドリムシで世界を救うことに決めました。」ーユーグレナ社の誕生秘話を読んで
・「1万円起業」書評要約まとめ!$100startup.片手間で始めてじゅうぶんな収入を得る方法。クリス・ギレボー著、本田直之監修。
・クロネコヤマト - 小倉昌男「経営学」の書評とまとめ!論理的思考力と倫理観を持った尊敬できる経営者。その先見性と実行力を再配達してほしい。