投資家たぬきちのブログ

地方×都会のデュアルライフとシンプルライフを実践する、兼業投資家のたぬきちだよ

自力で引越しするメリットまとめ。

たぬきちは20代ながら既に7回、自力での引越しを行った。

なぜ自力で引越しをするかというと、出費を最小限に抑えられ、スケジュールや移動方法の自由度が高いからだ。

引越業者に頼むと、どうしても3万円以上の出費は避けられない。
また、業者との見積もり等の手続き、日程のスケジュールの不自由度もある。

まだ、自力でやろうか、業者に頼もうか迷っている人のために、両者のメリットとデメリットを比較したい。

以下、自力で引越しを行う際の行動を主要なカテゴリに分けてまとめていく。

自力引越し

[メリット]
・経費を最小限に抑えられる。(大体1万円程度)
・日程の自由度が高い。(好きなときに好きなだけ運べる)
・業者決め、見積もり、日程調整などの労力がいらない。
・自分の荷物を他人に見られず、触れられずに済む。

[デメリット]
・労力が必要。(女性にはキツイかも)
・自動車免許が必要。
・レンタカーの手配などの手続きが必要。
・事故、荷物破損、期日で終わらないなどのリスクがある。

引越し業者による引越し

[メリット]
・必ず期日どおりに完了するので安心。
・荷物破損時の保険などもあって安心。
・労力がかからない。(荷造りは自分でしなければならない場合もあるので注意!実は荷造りが一番大変。)

[デメリット]
・経費がかかる。(最小でも3万円)
・日程の自由度が効かない(夜間とか複数日にわけてとか)
・業者との見積もり、手続きの労力がかかる。
・荷物を見られたり、触れるためプライバシー的に気になる方は問題。


業者に頼むと、上記の運搬の労力がなくなり、安心を買えるが、それに3万円以上と見積等の労力を払うかはあなた次第である。

自分自身だけで行う自信があったり、引越しを手伝ってくれる人(家族、友人等)がいるなら自力での引越しをオススメする。

ちなみに冷蔵庫とかは、全力を出せば男性1人でも運べる。(但し、筋肉痛になるので注意。)

業者にせよ自力にせよ、ダンボールは足りなくなるので早めの準備を。


ほらあなより愛をこめて
たぬきち