読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

投資家たぬきちのブログ

地方×都会のデュアルライフとシンプルライフを実践する、兼業投資家のたぬきちだよ

比較優位より理想追求の哲学。どんぐりの背比べではなく、自分のビジョン実現を追求しよう。

たぬきち論 人生

たぬきちの哲学として、「比較優位」より「理想追求」という考え方を持っている。

どういう意味かというと、他人より優って優越感を得ることよりも、自分の理想へ近づくことから幸福感と自信を得るといった意味だ。

くだらない「どんぐりの背比べ」に一喜一憂せずに、自分の理想を追求するパラダイムである。

あなたは、人と比較していないだろうか?

比較によって自分自身の価値を確かめる行為は、真にくだらない行いである。

経済学に「比較優位」という考え方があるが、「他人よりも優る」ことを目的として競争したり、人生を消費することは本当に意味のあることだろうか。

競争原理として、人類発展のエンジンとして「他者(社)との比較」が用いられる。
もちろん、「差別化への方向性」など、「適材適所で力を最大限発揮する」ために比較というのは重要である。

定量的にもわかりやすいし、なにより「客観性」がある。

しかしながら、個人の人生を考えた時に、比較の原理で生きていくことは、なんともくだらないことではないだろうか。

どうせ生きるのであれば、一度きりの人生、自分の理想に向かって「全力を尽くす」ことが意味のある行為なのではないだろうか。

もちろん、それは理想論でありドリーマーの考えることであると思うだろう。

しかし、現実的なアプローチでも十分に理想を追求することは可能である。

それを可能とするのが、「比較優位ではなく、理想追求」というパラダイムだ。

そのパラダイムを持つだけで、比較という目ではなく、理想の追求という目で物事を捉えられ、冷静に、自分の理想への道を着実に歩める。

他人に流されず、優劣に一喜一憂せず、自分は自分であるとの誇りを持ち、意義のある理想を追求していく。

なんと素晴らしい人生だろうか。

他人はあくまで、理想への現実的なアプローチとしての「マイルストーン」や「差別化情報」として捉え、「比較優位より理想追求」というパラダイムを持って生活してみてはどうだろうか。

きっと一年後は大きく成長できていることだろう。

覚悟の磨き方 超訳 吉田松陰 (Sanctuary books)

サンクチュアリ出版
売り上げランキング: 149