読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

投資家たぬきちのブログ

地方×都会のデュアルライフとシンプルライフを実践する、兼業投資家のたぬきちだよ

書籍代をケチってはならない。むしろ本にお金を浪費すべきだ。重要な自己投資として。

書籍代(本など)をケチる人をたまに見かける。
たぬきち的には信じられないことだ。

なぜなら、書籍代をケチることは、自己の成長を妨げるだけでなく、セレンディピティ的機会を損失するからである。

本は高いだろうか?

確かに日本の書籍は再販制等の特殊な制度等によって、他国よりも高く維持されている傾向がある。

しかし、それでも一回の食事代、もしくは高い本であれば飲み代や、時間を浪費させるゲーム等の娯楽代程度である。
(また価格が高く維持されているのは、より良い本が生まれやすい素晴らしい環境が整っているということも意味している。)

1冊の本で得られる情報量・知識・思考方法・考える力・偶発的な発見に比べれば、「断然安い」と思わないだろうか?

たぬきちは、「本は安い」と思っている。

本は将来の自分への投資であるはずだ。

それは、様々な「習い事」や「塾」などと比較しても断然コスパが良い。

例えば、ヨガやプログラミングの教室で数万円払って学べることは、3000円以下の本一冊で十分に学べることが多い。
もちろん「実践」という意味でそういうところに通う人もいるだろうが、そういう場でしか「実践」できない人はそもそも能力が低いか、長続きしないためあまりオススメできない。(出会いを求めているなら別だが)

つまり、教育系業者の思う壺であり、いいカモなわけである。

話がそれたが、「書籍代をケチる」というマインドを持っていては、新しい知識の獲得と「自己成長」を鈍化させ、まさに「貧すれば鈍する」状態になるだけだ。

それならば、いっそ「書籍代を浪費する」的な気持ちでいたほうが明るい未来が待っているだろう。

「浪費する」といっても、それは全て「自分自身への投資」として自分に帰ってくるだけである。
また、AmazonのKindleならば月1万円程度で場所も取らない。浪費しすぎても3万円程度である。

それでも、一般的な「教室」に比べて断然安いし、より絶対量のあるの多様な知識を獲得できる。

今年一年は「書籍代を浪費する」意気込みで過ごしてみてはいかがだろうか?

きっと一年後は大きく成長できているだろう。