読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自由人たぬきちのブログ

地方×都会のデュアルライフとシンプルライフを実践する、兼業投資家のたぬきちだよ

きみに読む物語(The Notebook)映画感想・名言まとめ!

映画 名言 まとめ

映画、きみに読む物語(The Notebook)を見たのでその感想と名言等のまとめを書きたい。

恋愛映画の傑作であり、好きな人も多いことだろう。

「きみに読む物語」は1996年にニコラス・スパークスが発表した小説をもとに映画化したものである。ゴールデン・サテライト賞助演女優賞としてジーナ・ローランズが受賞している。

それでは、たぬきち的感想を

既に10年前の作品になるが、まったく色褪せない感動がある。

主題は、不変的テーマでもあり、全く古さは感じさせない。

主役、ヒロインの演技力に引き込まれ、自然に感動できる。

この「きみに読む物語」が深く、そして農耕な味わいのものとしているのは、
現代と過去を交互に観せることで、時間軸の重なりから「永遠の愛」を想起させる回顧録的工夫がなされている点ではないだろうか。
シナリオ的にはそこまで目新しさはないものの、非常に「濃く」そして「美しく」感じるのは、原作者と監督、各俳優陣の総力である。

彩も豊かで、綺麗な作品。
ぜひ、恋人と見てほしい映画でもある。

年をとっても一途な愛を貫く

本映画で描かれているのは、理想的な恋愛ではないだろうか。

難しいことではあるが、人を愛すること以上に素晴らしいことはない

そう、思わせてくれる作品。

ブルーレイならより色鮮やかに

きみに読む物語 スペシャル・プライス [Blu-ray]
Happinet(SB)(D) (2013-12-03)
売り上げランキング: 1,130


それでは、以下に名言をまとめたい。

アリー:何で手紙を書いてくれなかったの? 
    ずっと好きだったのに。7年間、あなたを待っていたのに。
ノア:手紙は書いたよ、1年間365通。
   毎日書いた。
   そして、僕たちは終わっていない……今でも終わっていないんだ!


ノア:君と会うたびにケンカばかり、2人は合わないことはわかってる。
   簡単じゃないんだ。2人でうまくやるのはすごく難しい、努力が必要だ。でも僕は努力したい。
   ずっと君が欲しいから。2人で一緒にいたいから。


ノア:お願いだアリー、将来を思い描いてみて。30年後、40年後誰と一緒にいたい?
   もし、それが別のやつ(俺じゃない)なら行けよ! 
   それが君の望みなら俺は耐えていける。
ノア:最高な愛は魂を目覚めさせ、人を成長させる。
   心に火をつけ、精神に平安を与える、君がそれをくれた。
   僕もあげたかった。
   愛してる、また会おう。


あらすじは以下のとおり(Wikipediaより抜粋)

認知症を患い過去を思い出せずにいる老女と共に、療養施設へ入寮しているデュークは、ノートに書かれた物語を彼女へ読み聞かせている。物語は、1940年のアメリカ南部シーブルックを舞台にした、青年ノアと少女アリーのひと夏の出来事であった。

きみに読む物語のサントラの歌詞はこちらを。
http://petitlyrics.com/kashi/280914/


好きな方は原作も読んでみてはいかがだろうか。

きみに読む物語 (ソフトバンク文庫)
ニコラス・スパークス Nicholas Sparks
ソフトバンククリエイティブ
売り上げランキング: 6,920


ほらあなより愛をこめて
たぬきち

きみに読む物語 スペシャル・プライス [DVD]
Happinet(SB)(D) (2013-12-03)
売り上げランキング: 6,782