読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自由人たぬきちのブログ

地方×都会のデュアルライフとシンプルライフを実践する、兼業投資家のたぬきちだよ

ちきりんのゆるい考えはたぬきちに類似し共感。書評要約:ゆるく考えよう - 人生を100倍ラクにする思考法。

書評 要約 まとめ ブログ

ブロガーちきりんの「ゆるく考えよう - 人生を100倍ラクにする思考法」がKindleセレクトで安くなっていたので、帰省帰りの新幹線の中で読んでみた。

その感想と書評、要約を書きたい。

読んでみての率直な感想は、

たぬきちの考えと非常に類似していて共感した

特に共感した点は
・休日について。休日は休む日。ゴロゴロ過ごす日が「価値の無い日」という根拠はない。むしろ逆。
・欲望について。「社会的に作られた欲」ではなく「自分本来のオリジナルの欲」を追求すべし。

といったところ。この他にもほとんどのことがたぬきちに類似する。
日本は素晴らしい国というのもそう。
別に経済的にとか、軍事的にとか、世界一の国になる必要はなく、独自の価値観を提供しソフト・パワーを発揮していければ、十分豊かな国になると思う。

逆に共感しなかった点は、
・目標は低くもつべき。たぬきちは高く持つべきであると思う。たとえ精神的ダメージが大きくてもそうでなくては大きなことはできない。
・人生は早めに諦めよう。たぬきちは「諦める」という言葉が嫌い。諦めていたら今のたぬきちはないと考えている。

また、その考えはなかった!という参考になった点は以下のとおり(主に思考ツール)
・仕事・家庭・趣味「3×3分割図」で人生設計 ・「一点豪華基準」で選ぼう

それでは、以下に本書の内容を要約したい。(というかほぼ目次)

1.ラクに生きる

目標は低く持ちましょう。
人生は早めに諦めよう。
退屈な時間を楽しもう。
多数派が正しいわけではない。
人生の主役を生きる。
日本はすばらしい国
日本はアジアのイタリアに

2.「自分基準」で生きる

仕事・家庭・趣味「3×3分割図」で人生設計
「ヒマだからやっていること」との遭遇
欲望を取り戻せ
「一点豪華基準」で選ぼう
「やめる」決断ができれば「はじめられる」
人生の先輩の助言は外部環境に依存しない事象のみ聞くべき
自分に近いものにこだわりすぎるのはやめよう

3.賢く自由に「お金」とつきあう

10年以上のローンはダメです。
大半の保険は不要
維持費が蝕む自由
稼ぐべきとき、払うべきとき
儲け方、そして、儲けられ方
情報商材はなぜ売れるのか?
宗教の定義
大事なものはコストで決めない
貯蓄が増えない理由と、体重が減らない理由
「所有」という時代遅れ
防災グッズは必要

4.仕事をたしなみ、未来をつくる

若者、アウト
災い転じて福となそう
「逆バリ」と「先読み」
「ゴールドカラー」の登場
勝てる市場を選ぶ
「成長したい」だけではダメ
インプットを最小化する
「人脈作り」はたぶん無意味です
能力のない人へのアドバイス4つ
アドバイスの正しいもらい方
「できる人」のタイプ

5.ストレスフリーで楽しく過ごす

おいしい人生
お酒と恋愛のマジックパワー
コミュニケーション成立比率
分を知る
相手の受信体を理解する
性格は変えられる
自分にとっての「妥当な値段」
運命と戦うか、受け入れるか
結婚するもしないも個人の自由
「自分の表現方法」と出会う
旅の効用

おわりに

自由であること
楽観的であること


今後も上記の内容の中から記事を書いていきたい

ほらあなより愛をこめて
たぬきち

ゆるく考えよう 人生を100倍ラクにする思考法 (文庫ぎんが堂)
イースト・プレス (2013-12-13)
売り上げランキング: 118