読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自由人たぬきちのブログ

地方×都会のデュアルライフとシンプルライフを実践する、兼業投資家のたぬきちだよ

書評要約:会社を踏み台にして昇る人踏み台にされて終わる人(夏川賀央)−週末起業実践中

書評 要約 まとめ

Kindleセールになってたので正直あまり期待せずに購入したが、
意外と面白かったので書評を。

こういう安めの本は当りはずれがあるが、
Kindleのセール対象になっていて、レビューも悪くないなら「当り」のような気がする。
経験則として

結構ページ数があり、読了に意外と時間がかかった
(といっても1,2時間程度)

内容を以下にまとめる。(というか印象に残ったものを箇条書き) ・会社を踏み台にする時代
・「仕事」は「自分のため」
・会社、終身雇用という幻想から自由な人ほどハッピーな人生を送る
・いくら収入があっても、最終判断が会社なら「奴隷状態」
・できる人間は、どこにいっても一人でできる。
・伸びる会社は「自立している人」を使う
・今、求められるのは徹底的に「こだわる」人(口コミマーケティング効果による)
・会社にいることのメリット
 1仕事の可能性が模索できる
 2人間関係を拡げることができる
 3必要になる資金を獲得できる
・これからの目標を書いて、やりたいこと・将来のプランを明確にする
・「成功地図」をつくる
 今やっていることを書き出し、これからも続けたいことと、やりたくないことにわける。
 今後やりたいことを書き出し、今できることと、将来の展望にわける。
・転職を焦らず、今の立場を有効利用し、戦略的に自分のやりたいことを実現していく。
・会社の中で「どこまで自分を高められるか」を実践し、その見極めをする。
 1「学ぶ」要素があるか
 2「考える」要素があるか
 3「実行できる」要素があるか
・常に「自分だったらどうするか」を考え続ける。- それが今の立場でできる最大の経験
・戦略は会社を超えた視点で考える
・WIN-WINとGive&Giveで人脈つくれ
・「踏み台作戦」はどんな形で動き出すかわからない
・週末起業より「会社の時間でできること」を考える
・仕事中に考えて、時間が空いたらノートをとる
・サイドビジネスで1000万円が一つの目安
・何より自己投資する
・転職しようと思ったら考えるべきこと
 キャリアアップできるか
 スキルアップできるか
・お金のためではなく、自由とハッピーのためにを意識。
・出るときが来たら勇気をもって出る

つまり、起業やそのための転職を実践する前に、今の会社を使い倒そうってこと。

ちゃんと会社にも貢献しながら

会社を踏み台にして昇る人踏み台にされて終わる人
ユナイテッド・ブックス (2013-07-05)
売り上げランキング: 4,688