投資家たぬきちのブログ

地方×都会のデュアルライフとシンプルライフを実践する、兼業投資家のたぬきちだよ

風の谷のナウシカが最高のマンガ。風立ちぬのつながりまで - 宮崎駿はやはり天才。

風の谷のナウシカの漫画版を改めて全巻読んだたぬきち。

 

その完成度の高さに感動しました。

 

それは多くの知識・経験を得た今だからこそ感じられるものであったと思います。

宮崎駿は今までの記事で述べた通り、一貫して「日本的価値観」や「自然中心主義価値観」のようなものから作品を描いているとたぬきちは考えています。

(「風立ちぬ」感想 -「真のジブリ好き」かを見分ける試金石。)

 

本書はその原点であるとともに、最も完成度の高い、宮崎駿の「最高傑作」です。

 

何が優れているかというと

・自然との共生について、様々な人間の考え方を用いて、深く描かれ、その重要性・必須性について理性的にも感性的にも訴えている

・人間の欲について、西洋の宗教のように人格者になることが唯一の解ではなく、醜い欲をも受け入れることが人間臭く、それが自然体の人間なのだとし、そのような醜さも含めて「前を向いて生きていく」ことを示し、欲との共生も描いている。

 

このような考え方はたぬきちの考え方とも合致することで共感し、これを描いた宮崎駿を改めて凄いと感じました。

 

最後に、本書最終巻の最後に「生きねば」という言葉があります。

 

これは「風立ちぬ」の「生きねば」ともつながります。

 

つまり、風の谷のナウシカに始まり、風立ちぬで終わる、

宮崎駿の完成された作品暦につながるのでしょう。

 

このファンタジーから得られた示唆を、

未来の世界への現実的な貢献につなげるために、

たぬきちも考え抜いていきたいです。

 

ほらあなより愛をこめて

たぬきち