読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

投資家たぬきちのブログ

地方×都会のデュアルライフとシンプルライフを実践する、兼業投資家のたぬきちだよ

宇宙は何でできているか - 素粒子物理学で解く宇宙の謎 - ヒッグス粒子存在確定による標準理論の完成となる。

宇宙は何でできているのか

 

これは人類だけではなく、たぬきちにとっても興味深い問いである。

 

たぬきちは「量子力学」や「統計力学」といった「現代物理学」を

それなりに学んでいたからなおさらだ。

 

この問いに対する現在の答えを示しているのが本書、「宇宙は何でできているのか 素粒子物理学で解く宇宙の謎」である。

 

本書の結論から述べれば、宇宙の一部は

「17種類のクォーク」が「標準理論」に従うことによってできている。

といえる。

 

このうち本書が書かれた時点では存在が確定していなかった

各粒子に重力を与えるとされる

 

「ヒッグス粒子」

 

の存在が確定したというニュースが先週末(2013年10月4日)に入った。

(ヒッグス粒子:存在確定 物理学の標準理論完成) 

 

それにより物理学の「標準理論」が完成したことになる。

 

後は「暗黒エネルギー」といったものの正体を掴んでいくこととなる。

 

ところで、いつも通りたぬきちの勝手な推測であるが、

 

スケールをどんどん小さくしていき、素粒子以下のさらにプランク定数以下の世界は

また、宇宙のような世界になっていて、

スケールをどんどん大きくしていき、宇宙以上のさらに光速で到達できない領域の先までいくと、そこは素粒子のような世界で、また人間スケールの世界があり、さらなる宇宙のような世界につながっている。

 

たぬきちは、そんな夢想を思い描いてしまった。

 

また、この世が11次元とかそれ以上に本来なっていると考えると、その先も終わりがないように思える。

 

そう思うと、現在認識できる世界は本当にちっぽけなもので、その中の短い時間を生きる人間として行うことは、

自分と自分の身の回りと将来世代がただ幸せに生きていくことで、

そのために、「自然の美しさ」を感じ、残していくことが重要であるように思ったのだ。

 

そんな哲学というか、考えに至ったたぬきちであった。

 

とにかく、物理学の「本質」の部分だけを優しく書いてあるので、文系の人でも読めるし、物理学を専門とする人でも、頭の体操にうってつけの本ではないだろうか。

 

なにより、大きなスケールで物事考えるきっかけになると思うのでオススメしたい。

 

宇宙のほらあなより愛をこめて

たぬきち

宇宙は何でできているのか 素粒子物理学で解く宇宙の謎
幻冬舎 (2013-05-31)
売り上げランキング: 1,773