読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自由人たぬきちのブログ

地方×都会のデュアルライフとシンプルライフを実践する、兼業投資家のたぬきちだよ

今が買い!?雪国まいたけ株分析 - 雪国まいたけ分析その2

企業分析 投資

さぁ、今夜もやってきました「雪国まいたけ」分析。

今日のテーマは「株」。
(残り1時間で書かねばならない)

書ききれるかわからないため、結論から述べよう。

雪国まいたけ株は「買い」である。

たぬきち予想ではかなりの確率で今、「買い」だ。

理由として、まず予想される反論を述べる

有利子負債が300億近く、売上高を超えてしまう。
過剰設備投資をしている。
自己資本比率4%

等々。

上記を差し引いても、「買い」は変わらない。

本日現在の株価は231円。

年初来安値は226円。
年初来高値は311円。

311円の水準でも、雪国まいたけとしては十分に安いのだ。

それを大きく下回る231円の値がついているのはなぜか。

最大の懸念は、負債が増大し「倒産」することであろう。

その懸念の可能性が高いから、ここまでの値がついていると想定される。

しかし逆に、この懸念がないとしたならば、

明らかに安いのはおわかりだろう。

では、この懸念がないと言い切れれば、「買い」といえるということだ。

以下の質問を考えてみてほしい。
そうすれば、何かしらの「解」が得られるはずだ。

・本当に雪国まいたけは倒産するのか?
・今は円安で燃料費が高い。それでも赤縮の雪国まいたけは倒産するのか?
・雪国まいたけが潰れたら、地元経済、地元金融機関、その他社会に与える影響は小さいのか?
・潰れないとしても上場廃止になる可能性は高いか?
・JALや東電の事例はどうだったか?
・市況として、3・11の年のような状況にもう一度なる可能性は高いか?
・そもそも既に安値の株を失うリスクと、大丈夫だったときのリターンを比較してお買い得?

・・・

おっと、もうこんな時間だ。本日はこのくらいにしよう。

明日も乞うご期待。