読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自由人たぬきちのブログ

地方×都会のデュアルライフとシンプルライフを実践する、兼業投資家のたぬきちだよ

SEO対策まとめ!- 図解知りたい!テクノロジー「SEO対策がわかる」要約その2

書評 要約 IT

「図解 SEO対策がわかる (知りたい!テクノロジー)」 を読んだので、前回、要約というより、要点の箇条書きを行ったが、ブログの制限上、途中で途切れた形になってしまった。

そこで、その2として

以下、まとめ続き!!

・titleタグはクリック率を上げるための最重要項目
 最大文字数34文字(google)

・要約文のためのmetaタグ
 keywords 重要なキーワードを記述
 description 説明文

・リンクのためのaタグ
 アンカーテキストが重要なキーワードとして認識される

・論理構造のためのhxタグ
 1.h1は1ページにつき1回のみ使用する
 2.h1はページの内容を示すページ固有のテキストに使用する
 3.hxはh1から順に使用する
 4文字の大きさで使用するhxタグを選んではならない

・SEOを意識したライティングテクニック
 検索されやすいキーワードを用いる
 プレスリリースもキーワードを意識する
 主要対策キーワードはキーワードの対策難易度をチェックする
 含有率を意識するのではなく、ユーザにとって良いコンテンツにする
 重要なのはページのテーマにあったコンテンツを書くこと

・内部リンクの最適化
 パンくずリストを活用する
 サイトマップの作成 
  1リンクはテキストで 2リンクが100以上の場合は分割 3キーワードの羅列にしない
 サイト内にある関連性の高いページ同士でリンクを張る

・リンクポピュラリティ
 リンクの「数」と「量」
  1被リンクの量ー重要度の高さ
  2被リンクの質ー価値の高さ

・リンクレピュテーション:リンク元ページの関連性も評価される
 ・関連性の高いページからのリンク
 ・キーワードを含めたアンカーテキスト
 ・サイトの内容を的確に示した紹介文

・ディレクトリ登録:検索エンジンからリンクが張られ評価を受けられる
 リンクポピュラリティとリンクレピュテーションの効果

・ディレクトリ登録のテクニック
 最適なカテゴリ選択とコメント文が重要
 注意すること
 1有料と無料が存在
 2料金は審査料金
 31サイトにつき1URLが原則
 4申請ルールを守る

・リンク依頼のポイント
 ・テキストでリンクしてもらうこと
 ・Page Rankのより高いサイト
 ・関連性の高いサイト

・ディレクトリ・ファイル名は戦略的にラベリングする
 ・ユーザーが情報を見つけやすくなる
 ・Web運営におけるメンテナンスがしやすくなる
 ・クリック率の上昇が見込める

・サイト設計段階でキーワードサイトマップとSEO施策管理表を作成する
・JavaScriptとCSSの外部ファイル化
・Flashとフレーム構造は使わないほうがよい

・動的URLページは検索エンジンに認識されにくい
 ポイント
  ・パラメータの少ないシンプルなURLにする
  ・静的ページからリンクを張る

・検索エンジンは「歴史」も考慮する エイジングフィルタ
・Googleウェブマスターツールの活用
・ブログはヒットしやすい

・検索エンジンスパムに対するペナルティ
 1順位低下、2インデックスから除外、3検索エンジンから永久追放
・スパムの例
 クローキングは基本的に行わない User-agentやIPアドレスで振り分け
 スタイルシートの悪用 1隠しテキスト、2画像置換、3CSS-Positioning 外の領域に記述
 ドアウェイページの作成 キーワードに適したページを大量作成し上位表示させること。
 リンクファームの形成 関連性のないサイトの集まりが張り巡らせた一群のリンク

・効果測定
 ランキング測定ツール
 Web解析ツール

4モバイルとSEO

ここから先は書籍で読もう!