投資家たぬきちのブログ

地方×都会のデュアルライフとシンプルライフを実践する、兼業投資家のたぬきちだよ

起業家というより経営者!?「起業家」を読んで - サイバーエージェント藤田晋さんの起業物語

サイバーエージェント創業者、藤田晋さんの著書「起業家」を読んでみた。

率直な感想としては起業家というより経営者だと思う。

内容としては、会社を大きくすることを目的として、経営を続けてきた内情が書かれている。
したがって、「経営者」という題名の方が中身には合っているように感じた。

一つ残念であるのは、社会貢献という意識がみじんもなかったこと。
もう少し社会貢献についての考えもあったら印象が違ったかもしれない。

メディア事業を目指したのも、利益率の高いビジネスだからという理由だけのように感じられた。

うまくいったのは、会社を作るタイミングが全てであるような印象を持った。
それは、資金を得られるタイミングであったこと、ネットの立ち上がりであったこと。

正直、個人的にはあまり尊敬できるタイプではないが、
ひたすら利益を追求し、目立とうとする姿勢、
そして、情熱と困難に屈しない姿勢は尊敬に値する。

若干、批判的な書評となってしまったが、起業家もしくは経営者を目指すにあたって
一読の価値はある本であることは確かなので、参考されたい。

起業家
起業家
posted with amazlet at 13.12.15
藤田 晋
幻冬舎
売り上げランキング: 5,546


スポンサーリンク



起業家のように企業で働く
小杉 俊哉
クロスメディア・パブリッシング(インプレス)
売り上げランキング: 719


関連する記事はこちら

・起業家というより経営者!?「起業家」を読んで - サイバーエージェント藤田晋さんの起業物語
・堀江貴文「ゼロ」書評要約!地頭の良さと圧倒的な行動力(ノリのよさ)で駆け抜けた起業人生 - 意外と面白くホリエモンがよくわかる本。
・こんなビジネス起業したい!「僕はミドリムシで世界を救うことに決めました。」ーユーグレナ社の誕生秘話を読んで
・一冊、いや、一記事の力を信じたい。「計画と無計画のあいだ」を読んで - ミシマ社三島邦弘社長が書いた起業物語
・書評:不格好経営を読んで - やはり尊敬できないが、運と実力を持った理念なき会社起業の軌跡
・リーン・スタートアップと従来の起業手法の違いまとめ
・IT×教育×モバイルのQuipper(クイッパー)から学ぶeラーニングとオンライン教育の未来と起業論
・「1万円起業」書評要約まとめ!$100startup.片手間で始めてじゅうぶんな収入を得る方法。クリス・ギレボー著、本田直之監修。
・クロネコヤマト - 小倉昌男「経営学」の書評とまとめ!論理的思考力と倫理観を持った尊敬できる経営者。その先見性と実行力を再配達してほしい。