読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

投資家たぬきちのブログ

地方×都会のデュアルライフとシンプルライフを実践する、兼業投資家のたぬきちだよ

七人の侍(The Seven Samurai)感想・名言まとめ!海外の反応世界1位動画!!7人のサムライだけどラーメンではない。

黒澤明監督映画「七人の侍」は英エンパイア誌が「史上最高のワールドシネマ100本(100 Best Films of World Cinema)」の1位に輝いています その感想・名言等をついに書きたいと思います。 史上最高のワールドシネマ100本ランキングはこちらです www.empireo…

映画テッド(Ted)感想・名言まとめ!モコモコしようぜ!エロテディベアの教え。

モコモコしようぜ!でお馴染みの映画テッド(Ted)とテッド2を見たのでその感想と名言等のまとめを。 (TEDカンファレンスの名言じゃないぜ!) テッドは一言で「子供が見てはいけない映画」です。 お子様をお持ちのかたはぜひ注意していただきたい。 感想とし…

ラストサムライ(The Last Samurai)感想・名言まとめ!

高校時代に見たラストサムライ(The Last Samurai)の感想や名言等をここにまとめを。 ラストサムライはたぬきちが好きな映画の一つです。 日本の美しさ、日本的価値観の素晴らしさを海外の人の視点から描かれることによって、再確認できる映画といえます。 撮…

幸せのちから(The Pursuit of Happyness)感想・名言まとめ!実話の本人が最後に登場するネタバレあり批評。

幸せのちから(The Pursuit of Happyness)を見たので、その感想や名言まとめを。 幸せのちからは最後に実話の本人が登場する珍しい映画である。 実話を元にしている分、リアリティーがあり、純粋に勇気づけられる。 どんなに困難な状況であっても、どん底から…

英国王のスピーチ(The King's Speech)感想・名言まとめ!トム・フーバー監督作品。

ども、たぬきちです。 「英国王のスピーチ」を見ましたのでその感想やら名言のまとめを。 本作、英国王のスピーチは「レ・ミゼラブル」のトム・フーバー監督の作品である。 第83回アカデミー賞では作品賞、監督賞、主演男優賞、助演男優賞の4部門を受賞して…

休日に見たい映画「赤ずきん(Red Riding Hood)」名言まとめ!

映画「赤ずきん(Red Riding Hood)」を見たので、その感想と名言のまとめを。 まずは映画赤ずきんの概要を(Wikipediaより) 『赤ずきん』(原題: Red Riding Hood)は、2011年のアメリカ合衆国の映画である。デヴィッド・レスリー・ジョンソンが童話『赤ずき…

安藤美冬の限界 - 書評要約「僕たちはこうして仕事を面白くする」spree代表ノマドワーカーのフリーランススタイル考察。

「僕たちはこうして仕事を面白くする」という本を読んだのでその感想を。 本書に出てくる8名の「ジセダイ」を一人ずつ書いていきたい。 まずは安藤美冬さんから。 記事タイトルに「安藤美冬の限界」として挑発的な文言を書いているが、 批判的な意味かつ意図…

「ラースとその彼女(Lars and the Real Girl)」名言まとめ!吉高由里子推薦ラブドール映画の名セリフと解説。

映画「ラースと、その彼女(Lars and the Real Girl)」というラブドール映画を見たので、その感想ついでに名言をまとめたい。 (※ネタバレ注意。) 冬の寒さによく似合う、誰かと見るには良い映画。 よく出来た脚本と、笑いの要素と心あたたまる話が織りなす…

イケダハヤト「ブログエイジ」書評要約まとめ!

前記事の「武器としての書く技術」略して「ブキ書く」(瀧本哲史風)が面白かったので、そのまま「ブログエイジ」を購入し、読んみながら感想を書きたい。 「ブログは農業のようなものだ。」 いや、違うだろ!って思うのは当たり前だし、厳密な定義として議…

書評要約:会社を踏み台にして昇る人踏み台にされて終わる人(夏川賀央)−週末起業実践中

Kindleセールになってたので正直あまり期待せずに購入したが、 意外と面白かったので書評を。 こういう安めの本は当りはずれがあるが、 Kindleのセール対象になっていて、レビューも悪くないなら「当り」のような気がする。 経験則として 結構ページ数があり…

武器としての書く技術書評要約まとめ!イケダハヤト氏のブログ術を盗んで、追いつき追い越せ!

ブログを本格開始して後1ヶ月ほどで半年になる。 ブログを書くことが習慣化してきた時点で「ブログ強化」のために、 Kindle「冬のセール」になっていた本書を読んだのでそのまとめと感想を。 イケダハヤト氏はブログで月70万PV、約50万円稼いでいるとのこと…

本田直之「思考を柔らかくする授業」書評・要約まとめ。ありきたりの内容であるが、うまく作られている本。

本田直之「思考を柔らかくする授業」を読んでみた。 結論から言って、本田直之氏の本は焼き直しが多いと言われているが、まぁその通りな感は否めない。 しかし、内容としては、自由な生き方を目指す人への啓発本として有効であることは事実であろう。 何度も…

本田直之氏「新しい働き方」書評まとめ!就活性必読!転職活動にも必読!会社を「利用」していくことが「当たり前」の時代へ。

本田直之氏の「新しい働き方」を読んでみたのでその感想。 簡単にまとめると、 終身雇用は終わった。会社を「利用する」視点で選べ! というところだろうか。 今までの就活関連本とは違う視点で書かれており、就活性にとっては自分の人生を考える上で重要と…

梅原猛「人類哲学へ」を読んで。草木国土悉皆成仏 - 日本的価値観が世界を救う。書評まとめ。

梅原猛氏の「人類哲学」を読み、それを受けての自分の考えを整理し述べてみたい。 本書を手に取るきっかけとなったのは、実家に帰省中に偶然見ていたNHKのテレビ番組に梅原氏が出演していたことが原因である。 テレビを見ていて、この人の考え方は自分の考え…

書評要約:社長復活 - なんとも残念なその後。自分を大きく見せよう・印税稼ごうと必死さが伝わる。

社長失格を読んで、意外と面白く、著者のその後が気になったので社長復活を借りて読んでみた。 結論から述べると 「残念な本」 の一言である。 社長失格からその後のことを綴っているのだが、 なんともつまらない。 会社2.0という概念を持ち出し、失敗しない…

書評要約:里山資本主義 日本経済は「安心の原理」で動く - 定量化できない価値を含めて最適化する経済の構築が重要だと思う

里山資本主義を読んでみた。 本書の考え方は起農家たぬきちとしては非常に重要なものである。 現在の経済は物事の一面しかとらえておらず、 それが世界の歪みを引き起こしていると考えている。 里山資本主義の考え方は、抽象化すれば 「定量化できない価値を…

書評要約:年収300万からの資産運用術 - 超入門 海外不動産投資まとめ - 海外不動産投資への挑戦が始まる。

海外不動産投資を始めたいたぬきち。 Kindleで安く売っていた本書 「年収300万からの資産運用術 ―超入門 海外不動産投資」 を購入し読んでみた。 期待値が低かったためか、 面白く、またもっと学びたいと思える内容であった。 (逆に言えば、内容が少なく、…

映画レナードの朝(Awakenings)感想・名言まとめ!あらすじやその後も。音楽、ロバートデニーロ等ネタバレも。

たぬきちはレナードの朝を見た。 その中で印象に残った名言を以下に載せたい。 Leonard:We've go to tell everybody. We've got to remind...We've got to remind them how good it is. レナード:皆に知らせるんだよ いかにすばらしいか Dr. Sayer: How goo…

ゴッドファーザー(The Godfather)名言まとめ!あらすじ・登場人物・相関図はどうなってる?

名作「ゴッドファーザー」について、名言やあらすじなどをご紹介いたします。 印象に残った名言 以下に印象に残った名言をあげていきます。 「家族を大切にしないやつは漢じゃない」 「一度だけだ、今回一度だけ質問を許してやろう。」 「友を近くに置け、敵…

社長失格まとめ - 起業のリアルを疑似体験できる本

社長失格は起業における失敗をリアルに描いたものである。 著者自身の起業体験談を赤裸々に語っているのが特徴的である。 とりわけ若い人は、起業のよい面ばかりを見る傾向があり、 そのような人が「現実」を知る上で有効となる本といえる。 しかしながら、…

書評要約:ワンクリック―ジェフ・ベゾス率いるAmazonの隆盛 - 特許取得でマウスでもスマホでも最強のアマゾン。

ワンクリック - 本書はアマゾン創業者、ジェフ・ベゾスの半生とAmazon.comの成長を描いた本である。 ベゾスのイメージは、投資機関にいた金融系ビジネスマンからIT起業を立ち上げたというものであったが、たぬきちの全くの誤解であった。 ベゾスは生粋の理系…

最も大切な遺産とは「ビジョン」である - 追記:最優先事項 - 7つの習慣「第三の習慣」要約まとめ

「7つの習慣 最優先事項―「人生の選択」と時間の原則」は、「7つの習慣―成功には原則があった!」の第三の習慣「重要事項を優先する」をより深く、より詳細に掘り下げてまとめたものである。 最初の記事「最優先事項 - 7つの習慣「第三の習慣」要約まとめ」(…

重要事項を優先する方法とは、週30分でできる波及効果の大きい活動を実行すること - 追記:最優先事項 - 7つの習慣「第三の習慣」要約まとめ

「7つの習慣 最優先事項―「人生の選択」と時間の原則」は、 「7つの習慣―成功には原則があった!」 の第三の習慣「重要事項を優先する」をより深く、より詳細に掘り下げてまとめたものである。 第二部 最優先しなければならない重要事項を探る 第二部は以下に…

「最良」の敵は「良」である。時計と羅針盤。 - 追記:最優先事項 - 7つの習慣「第三の習慣」要約まとめ

「7つの習慣 最優先事項―「人生の選択」と時間の原則」 は、 「7つの習慣―成功には原則があった!」の第三の習慣「重要事項を優先する」をより深く、より詳細に掘り下げてまとめたものである。 第一部 時計と羅針盤(コンパス) 第一章 死の床で、どれくらい…

一冊の力を信じたい - 三島邦弘『計画と無計画のあいだ』まとめ。

三島邦弘『計画と無計画のあいだ』を読んだので、 印象に残った言葉を以下にまとめたい。 「一冊の力」を信じること ー これがミシマ社の原点回帰 「出版社をつくろう」 それは自分のなかでは典型といってもいいもので、目の前に光の道がパッと広がった。そ…

下町ロケット - 「夢は、研究室じゃなくても叶えられる」 - 印象に残った言葉まとめ

下町ロケットを読んだので、印象に残ったことばをここにまとめたい。 「夢は、研究室じゃなくても叶えられる」 挑戦の終わりは新たな挑戦のはじまりだ 自分のためではなく、家族や社員のために働いている ーそう考えることで、自分は心のどこかにある挫折感…

コトラーのマーケティング3.0まとめ!- 世界をより良くする価値主導のマーケティング !!

コトラーのマーケティング3.0 ソーシャル・メディア時代の新法則 を読んだので、ここにまとめておく。 目的 マーケティング1.0 製品を売る 製品中心 マーケティング2.0 顧客を満足させる 消費者中心 マーケティング3.0 世界をより良くする 価値主導 マーケテ…

1分でわかる!?ビジネスパーソンのための契約の教科書 - ざっと要約まとめ!

ビジネスパーソンのための契約の教科書 福井健策 http://internet.watch.impress.co.jp/docs/special/fukui/20110729_463750.html を読んだので、ざっとメモったことをまとめとして載せておく。 本書はビジネスマンに不可欠な「契約」について、 わかりやす…

リスティング広告 - プロの思考法要約まとめ

リスティング広告本を読んだのでここに要点をまとめておく。 現在の検索連動型広告がもたらしたもの 1スモールビジネスの躍進を支援 2ユーザーの行動を重視した広告手法 3広告出稿後のオペレーションで広告キャンペーンの成果を改善 第一章 どうやって効…

ブラックスワン上巻まとめ - 投資をするなら必読の書。拡張可能性はスーパースター現象。

ブラックスワン上巻を読んだのでまとめというか、個人的なメモ。 また後にちゃんとしたまとめを行う。 拡張可能性はスーパースター現象。 つまり、儲けたい場合は拡張可能性のあるビジネスを行う。 時間で一定単位の利益しか挙げられないビジネスではラット…

7つの習慣を実践し、原則中心の生き方をする人の15個の特徴 - まとめ再確認

7つの習慣において、原則中心のアプローチというものがある。 そのアプローチを実践する人の特徴を書籍内で述べているので再確認したい。 そもそも原則とは何か? ・原則は、誰もが知っていて、心の中に持っているもの ・誠意、謙虚、誠実、勇気、正義、勤勉…

最優先事項 - 7つの習慣「第三の習慣」要約まとめ

「7つの習慣 最優先事項―「人生の選択」と時間の原則」は、 「7つの習慣―成功には原則があった!」の第三の習慣「重要事項を優先する」をより深く、より詳細に掘り下げてまとめたものである。 本書は以下のことを実現させるための原則や方法を学ぶことができ…

起農家まとめ - アグリプレナー(Agripreneur)特集第一弾。

起農家たぬきちによる「起農家」特集第一弾。 今話題の起農家(日本の有名どころ)を勝手にまとめてみた。 「ミドリムシ」で世界を変える「ユーグレナ」 CEO 出雲 充 「植物工場」サポート等さまざまな事業を行う「リバネス」CEO 丸幸弘 http://lne.st/ 植物…